ホーム > ブログ > 林衛の記事一覧 > 正しい考え方・モチベーション・能力

正しい考え方・モチベーション・能力

Pocket

もう一度自分の進めているプロジェクトについて振り返ってみよう。

考え方は、正しいだろうか?

そもそも進めようとする仕事を正しい考え方で進めないと期待する成果が上げられる筈が無い。どれくらい正しい事かどうかを確かめる方法は、複数の多様な質問を次から次へと投げかける。それらの質問に即答できるかどうかで分かる。

それはなぜか?そうするとどうなるのか?

シンプルな質問−回答を次々と繰り返す。答えられない場合には、何かが足らないと考えてよいだろう。

いわゆる洗練された考え(企画と言い換えても良い)は、シンプルで分かりやすいものである。二番目に、正しい考えを具現化するマネジメント方法が、大切である。正しいことをちゃんと具体的に、行動可能な計画として明確にし、準備する。そして計画を実行に移す。実行段階で計画に対して軌道修正を行う。コントロールを行うということである。

マネジメントすることは計画したプロセス、スケジュール、予算をコントロールすることが中心であると考えている人は、意外に多い。よく考えてみよう。

大切なことは、生身で感情のある人がプロジェクトを実行するということである。熱意があり能力が備わった強力なプロジェクトチームが、プロジェクトを成功させる。人は完全ではないし間違いも犯すものだ。人をマネジメントすることを忘れてはならない。

期待する成果=考え方(ビジョン、企画・計画)X熱意(モチベーション)X能力(コンピテンシー、スキル)

Pocket

目次

Profileプロフィール

林衛
林衛
IT戦略とプロジェクトマネジメントを中核にITビジネスのコンサルティングを行うアイ・ティ・イノベーションのファウンダーであり社長を務める。◆コンサルの実践を積みながら英米のIT企業とかかわる中で先端的な方法論と技術を学び、コンサルティング力に磨きをかけてきた。技術にも人間にも精通するPM界のグランドマスター的存在。◆Modusアカデミー講師。ドラッカー学会会員、名古屋工業大学・東京工業大学などの大学の講師を勤める。

Recent Entries最近の記事

このページのトップへ