ホーム > ブログ > 林衛の記事一覧 > リーダーの本質 ~ブライアン・マーティン 林 衛 コラボレーション・コラム~ 第4回「成功のためのメカニズム」


リーダーの本質 ~ブライアン・マーティン 林 衛 コラボレーション・コラム~ 第4回「成功のためのメカニズム」

Pocket


ブライアン・マーティン

ブライアン・マーティン


ブライアン・マーティン
IAS 会長 兼 最高経営責任者

米国の多国籍企業リーバイ・ストラウス社の日本支社長を経て、アジア地域総責任者に。その後ドイツの多国籍企業、トリンプ・インターナショナルの日本支社長。ニュージーランド経営協会会員。
1998年、インターナショナルWho’s Whoのプロフェッショナル部門の名誉メンバーに選出。2001年、21世紀アチーブメント賞受賞。 ニュージーランド・オークランドのマッセイ大学で経営とリーダーシップについての講座も持つ。


ブライアンより一言
私たちはみな、心の内に潜む「成功メカニズム」と「失敗メカニズム」に支配されています。
長い目で考えることをせず、目先の利益を優先していませんか?
つい楽なほうを選んでいませんか?
それが失敗メカニズムです。失敗メカニズムは、日常のあらゆる瞬間に顔を出し、人をより楽で安易な方向へ、そして失敗へと誘います。私たちは無意識にこちらを選びがちです。

しかし、私たちの心にはその反対の「成功メカニズム」も備わっており、その気になりさえすれば失敗メカニズムを乗り越えることができるのです。

成功メカニズムの要は「ゴールを決めること」です。そこに以下の条件が備わっているほど、大きな成功を手にすることができます。
・ ゴールが壮大かつ明確なものである
・ 強い意志を持って真剣にゴールを追い求める
・ 自らを律してゴールに到達するためにやるべきことをきちんとやり遂げる。

今回は次の言葉を贈ります。
「願いが成就するかどうかはあなた次第だ」

林衛よりコメント

ゴールが明確になっていないと、距離感がつかめず実現はおぼつきません。ゴールを決めていないのに、偶然そこに到達することなどありえないのです。

だが「ゴールを決める」のは、言うほど簡単でないことは確かです。そこにはチャレンジと勇気が伴います。ゴールを決めた段階で、その人はもう引き返せない「帰還不能点」に立っていなければいけないのですが、普通の人はそれをせず、なにかと「保険」をかけたがります。それはつまり「ゴールが絞り込めていない」「自分の中で決断していない」ということにほかなりません。
ゴールを決めたつもりでいても、実際は口で「その方向に向かいたい」とか「そういうふうになりたい」といっているだけで腰が引けている、という事態がよく起こります。厳しく見れば、90%くらいがなんらかの保険をかけているといってもよいのです。それが「いいわけ」や「後ろ向きの姿勢」につながります。実際にゴールを決めて「帰還不能点」に立っている人は、会話がクリアで、へんな「いいわけ」が感じられません。

われわれは常に「成功メカニズム」と「失敗メカニズム」にどちらかのなかにいます。その中間というのはありません。どちらに立つかは、他ならぬあなたが決めることなのです。

第5回につづく

Pocket

| 目次

Profileプロフィール

林衛
林衛
IT戦略とプロジェクトマネジメントを中核にITビジネスのコンサルティングを行うアイ・ティ・イノベーションのファウンダーであり社長を務める。◆コンサルの実践を積みながら英米のIT企業とかかわる中で先端的な方法論と技術を学び、コンサルティング力に磨きをかけてきた。技術にも人間にも精通するPM界のグランドマスター的存在。◆Modusアカデミー講師。ドラッカー学会会員、名古屋工業大学・東京工業大学などの大学の講師を勤める。

Recent Entries最近の記事

このページのトップへ