ホーム > ブログ > 林衛の記事一覧 > 輝かしい未来

輝かしい未来

Pocket

 2007年は、新聞やテレビ報道によると「偽る」という言葉が目立った年であった。すべてのものが複雑化し多様化してきている。
 「偽る」は、時代の節目で現れた歪のようなものだ。
 経済活動を見極めようとしてもちょっとやそっとでは方向性が見えない。

 このような時代に必要とされるのは、

  • 新たなものを生み出す創造力と企画力
  • はっきりと見えない中での決断力、決定力
  • 選択と集中
  • ユニークネスの追求
  • 最後に何かをやり遂げる持久力

である。

 従来の方法論でいくら分析を行っても時間ばかりかかって得られるものは少ない。
輝かしい未来があるということを信じて活動を開始しよう。混沌とした世界があることも事実であるが、未来は、我々の手で創れることも事実である。新しい固まりを創造して、少しずつ大きく育てていく努力が、必要である。

 少なくとも私自身は、輝かしい未来の存在を信じている。

 さあ、未来に向かって進もう。

Pocket

目次

Profileプロフィール

林衛
林衛
IT戦略とプロジェクトマネジメントを中核にITビジネスのコンサルティングを行うアイ・ティ・イノベーションのファウンダーであり社長を務める。◆コンサルの実践を積みながら英米のIT企業とかかわる中で先端的な方法論と技術を学び、コンサルティング力に磨きをかけてきた。技術にも人間にも精通するPM界のグランドマスター的存在。◆Modusアカデミー講師。ドラッカー学会会員、名古屋工業大学・東京工業大学などの大学の講師を勤める。

Recent Entries最近の記事

このページのトップへ