ホーム > ブログ > 林衛の記事一覧 > ドラッカー理論に学び、人生を再計画すること

ドラッカー理論に学び、人生を再計画すること

Pocket

 ここ2ヶ月の間に、3回のリーダー育成目的の人間力強化ワークショップを実施した。私自身が、必要性を感じて、数年前から構想していたコースがようやく完成し、リリースすることができた。受講者にどこに引かれてこのコースに参加したのかを尋ねると様々な答えが返ってくる。

 タイトルは、「リーダーシップ、人間力強化セミナー ~リーダーとしての仕事の本質を考える~」としている。このタイトルを見て、数名の人が、人間力強化という言葉に引かれたと言っている。その背景には、何があるのだろうか。いろいろ、問いていくと、30代、40代になって、自分の方向性に悩んでいるようだ。まとめれば、以下のようなことである。

  • 新しい職場に異動して、新たな気持ちでリーダーシップを発揮したい。
  • 自分をさらけ出すには、不安があり、苦手だが、避けては通れなくなってきた。勇気をだして何かを見つけたい。
  • 自分が何か、将来なりたいものをつかみたい。
  • いろいろな仕事をしてきたが、自分を振り返る機会がほしい。
  • 後数年で定年を迎える、次の仕事として若い世代の人を育成したい。

などなどである。多くの人は、今までの社会生活の中で欠点や足らない点の指摘はされているが、

「自分の強みは何か。その強みは、仕事で成果を収めるために具体的にどのように行動すればよいのか」
「人生を振り返り、将来を真剣に考えること」
「今現在の自分の状況や仕事の自分の中での位置付け、人間関係の状態を正確に知ること」

を立ち止まって考える機会は、与えられていないと思う。30年前よりも今の社会は、遥かに複雑で簡単には、目標を作りにくくなってきている。右肩上がりで経済が伸びていると流れに乗っていけば、目標は、見つけやすいが、現代は、全て自分で見つけなければならない。また、人の寿命が延びたために最初の仕事を全うしてもまだ30年近く人生が残されている。つまり、分かりやすく言えば、誰もが、自分で見つけ、自分で決断しなければならなくなってきている。社会に出て10年、20年経って、仕事や社会がなんとなく理解できるようになった頃、人生の進路や仕事での成功、人との関係について見直す場があれば、どんなに良いだろう。私自身に、そのような場がなかなか無かったというのもこのセミナーを開発した理由である。

  1. 自分にとって正義とは、正しさとは何かを考える。
  2. 自分の強みを知る。
  3. 強みを生かして、どんな知識を得て、どのような経験を積んでいくかを計画する。
  4. 最初に超えなければならない壁を認識する。
  5. 社会は、人で成り立っている。自分と他人との関係と他人に対して果すべき責任を明確にする。

この5点を踏まえて、自分のための計画を創る。明確な計画があれば、人生はより充実するだろう。2-3年後に、この計画は、見直さなければならない。

自分自身へのリーダーシップが取れてこそ、真のリーダーになれる条件だと私は、考えている。

Pocket

目次

Profileプロフィール

林衛
林衛
IT戦略とプロジェクトマネジメントを中核にITビジネスのコンサルティングを行うアイ・ティ・イノベーションのファウンダーであり社長を務める。◆コンサルの実践を積みながら英米のIT企業とかかわる中で先端的な方法論と技術を学び、コンサルティング力に磨きをかけてきた。技術にも人間にも精通するPM界のグランドマスター的存在。◆Modusアカデミー講師。ドラッカー学会会員、名古屋工業大学・東京工業大学などの大学の講師を勤める。

Recent Entries最近の記事

このページのトップへ