ホーム > ブログ > 林衛の記事一覧 > 学習、教育について


学習、教育について

Pocket

 アインシュタインは、教育について次のような言葉を残している。

  1. 想像力は、知識よりも大切だ。知識には、限界がある。想像力は、世界を包み込む。
  2. 専門的な知識を習得することではなく、自分の頭で考えたり判断したりする一般的な能力を発達させることが、いつでも第一に優先されるべきです。

コンピュータもインターネットもなかった時代に、アインシュタインが、学習についてこのように考えていたことは、素晴らしいことです。

 どんな知識よりも想像力を働かせ、自分の力で考え抜くことが、世界を進歩させる。想像力と判断力つまり、本当の考える力を持つことが重要なのだと私は思う。
 それでは、どのように考える力を伸ばしたらよいのだろうか?一生涯かけて、真実と美の本質を追求すること。自分の力で見て、自分の心で感じることが、大切である。対象と主体的に向き合い、自分の感覚を信じて、理解すること。何かを学ぶためには、体験以上の方法はないともアインシュタインは、言っている。

 つまり、
(1) 一生の仕事として知恵をつけ続けること。
(2) 学ぶための体験(経験)。
(3) 心を働かせ直観力を磨くこと。

これら3つの原則を身に付けることができれば、想像力と判断力は高まる筈である。

 21世紀に入って、人間の考える力が、低下しているような気がしている。ネット上に知識があふれているが、本当の問題は、それをいかに使うかということを考えたり、判断したり、何かを生み出す(想像する)ことができるかどうかだ。

出典:アインシュタイン150の言葉、ディスカヴァー21より

Pocket

| 目次

Profileプロフィール

林衛
林衛
IT戦略とプロジェクトマネジメントを中核にITビジネスのコンサルティングを行うアイ・ティ・イノベーションのファウンダーであり社長を務める。◆コンサルの実践を積みながら英米のIT企業とかかわる中で先端的な方法論と技術を学び、コンサルティング力に磨きをかけてきた。技術にも人間にも精通するPM界のグランドマスター的存在。◆Modusアカデミー講師。ドラッカー学会会員、名古屋工業大学・東京工業大学などの大学の講師を勤める。

Recent Entries最近の記事

このページのトップへ