ホーム > ブログ > 林衛の記事一覧 > 継続的な努力の本質 こつこつ努力すれば、やがて大きな力となります ~1.01と0.99の法則~


継続的な努力の本質 こつこつ努力すれば、やがて大きな力となります ~1.01と0.99の法則~

Pocket

 最近、私が、感心したのが、フェースブックの友人が投稿した、「1.01の法則と0.99の法則」である。

 その内容は、
 1.01の法則 1.01の365乗=37.7834343
 0.99の法則 0.99の365乗= 0.0255179645

 「1.01の法則」の意味するところは、コツコツ努力すれば、やがて大きな力となりますというものだ。

 「0.99の法則」は、といえば、逆に、少しづつさぼれば、やがて力が、なくなりますということだ。

 実はこれらの法則の出何処は、楽天の三木谷社長が執筆した「成功のコンセプト~Principles for Success」である。 人間の努力に関わる本質をついていると思う。「1.01の法則」の結果を「0.99の法則」の結果で割ると1480.6602になる。一日の歩みの差は、0.02の過ぎないが、365日後には、成果は、最大で1481倍になる勘定である。

 ネット上にこの法則についての書き込みが、多くあり、様々な意見や解釈が掲載されているが、私は、とてもよい説明だと思う。現実との数字上のかい離があることも承知している。思ったより継続的な努力の成果は、多いと判断できるし、前向きに物事を進めるうえでの目安になる。

 読者の皆さんは、どのように感じただろうか?このネタで、いろいろな人に聞いてみよう。

Pocket

| 目次

Profileプロフィール

林衛
林衛
IT戦略とプロジェクトマネジメントを中核にITビジネスのコンサルティングを行うアイ・ティ・イノベーションのファウンダーであり社長を務める。◆コンサルの実践を積みながら英米のIT企業とかかわる中で先端的な方法論と技術を学び、コンサルティング力に磨きをかけてきた。技術にも人間にも精通するPM界のグランドマスター的存在。◆Modusアカデミー講師。ドラッカー学会会員、名古屋工業大学・東京工業大学などの大学の講師を勤める。

Recent Entries最近の記事

このページのトップへ