程よい距離感

Pocket

【質問】

同じプロジェクトのメンバーからご飯や飲みに誘われることがあります。複数人で行く場合は良いのですが、ある特定の人とは一対一では行きたくないなぁと思うことがあります。ただ、仕事仲間なので、断りにくいです。

どうすればよいですか?

(31歳女性)

 

【かずみ先生より】

先日、とある企業向けにコミュニケーション研修を開催しました。

相手との関係によって心地よい距離(パーソナルスペース)は違っており、社会的距離を保つためには1.2m以上。打ち合わせの際、相手に緊張を与えない立ち位置や、コミュニケーションがスムーズになる資料の使い方について講師から話がありました。

そして、人によって感じるパーソナルスペースは違うそうで、男女間の差、民族・文化の差、生活環境の差もあるそうです。

 

こうなるとグローバル社会で、自分が良いと思った距離感も相手に不快を与えてしまうことがありそうですね。

物理的な距離の取り方って大事ですよね。

 

また、仕事仲間との交流についても「仕事仲間と交流を深めたい」「一対一で語り合いたい」「極力家族との時間を大切にしたい」など、皆さんの価値観によって違いますし、同性間、異性間でも距離の取り方は変わるかもしれません。

 

同性間であれば、仕事仲間から友人に発展することはよくあります。

私も仕事で知り合った人と、夜ご飯食べに行ってプライベートの話をしたり、週末買い物に行ったり、旅行に行ったりしています。相手の多くは同性である女性です。

では、異性である男性とはというと、複数人で飲みに行くはあっても、余程の信頼関係を築いた人でなければ、二人で食事には行きません。同性に比べて異性が友人になるにはハードルが高いですよね。

そう考えると、いくら仕事仲間であっても、メンバー全員と同じ距離感ということはなく、親しくなる人もいれば、一定距離を保ちたい人もいて当然。

 

ですので、相手が嫌いなわけではないけれども、二人で行きたくないのであれば、「みんなで楽しく飲みましょう」と言ってみてはいかがですか?

言い難いからといって受け入れ続けると、誘っている相手は「喜んでくれている」と思いますし、それでは相手にも失礼です。自分の感じている距離感をきちんと上手に伝えましょう。

 

この違いを認識するために、プロジェクトが発足した際にコミュニケーションをテーマにしたワークショップを開催するのが良いかもしれません。

相手の考え方や価値観がわかり、スムーズなチームが構築できるかもしれません。

 

そして、お客さん、上司、先輩のみなさん、仕事仲間と飲みやご飯を誘う場合、特に異性の場合は少し気をつけてくださいね。

 

そういう私も、仕事関連の男性に突然「近くにいるから飲みに行かない?」って何度も電話したな~。相手はどう思っていたのだろう???

 

*****

相棒(?)が急性胃腸炎で2ケ月ほぼ流動食です。お粥、食パン(ひたパン)、コシのないうどん、豆腐...。元々、ステーキ300gくらいペロリの肉食女子なので、本当にカワイソウ。

と、言いながら、相変わらず元気で胃腸の強い私はポテチをバリバリバリ。

本日、コンソメパンチ!!

ごめんね、相棒!一人で食べて。ボリボリボリ。

 

 

Pocket

| 目次

Profileプロフィール

関和美
関和美
奈良女子大学 理学部 物理学科(現 物理科学科)卒業 日本電信電話株式会社に入社(NTT分社化によりエヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社に転籍)。主に金融系のSEとしてNWシステム 構築の設計、アプリケーション開発の要件定義、設計工程を経験し、その後プロジェクトマネジャーとしてプロジェクトに携わる。 2007年より現職。大規模プロジェクトにおけるPMO(Project Management Office)の運営およびプロジェクトマネジメント支援や、IT構想企画の支援を行っている。PMP。

Recent Entries最近の記事

このページのトップへ