ホーム > ブログ > 関和美の記事一覧 > スキルアップにつながる仕事とは何か


スキルアップにつながる仕事とは何か

Pocket

【質問】

スキルアップにつながらない仕事ばかりです。もっとスキルアップする仕事をしたいのですが、どのようにすればよいでしょうか?

(24歳男性)

 

【かずみ先生より】

社会人になりたての頃、私は、ネットワーク系システムエンジニアの部署に配属されました。同期で同部署に配属されたのは男性2名。

「よっしゃ、エンジニアとして頑張るぞー」と気合が入っていたころです。

ネットワークエンジニアは、設計・設定だけではなく、配線、機器設置のための現調(現場調査ね)に行くのですが、埃の被った交換機室にも入ります。上司や先輩は女性を連れて行くのに躊躇いがあったのか、私は全く現調に連れて行ってもらえませんでした。

 

その代りに私にきた仕事は、イベントの説明係、上司の雑誌取材のお供、ケーブルテレビで放送するパソコン教室の講師など。

その頃、私の周りには女性のネットワークエンジニアがおらず、珍しさで何時しか広告塔に・・・。

エンジニアとして何の経験も知識もないのに、エンジニアと紹介され恥ずかしいやら悔しいやら。

同期に差をつけられる焦り、女性というだけで広告塔にされてしまう理不尽さ。仕事を辞めたくてしょうがなかったころです。

 

今、私はコンサルタントなので、会議のファシリテーションをするシーンや、お客様への説明シーンが多々あります。そして最近講師までするように。

イベントでいろいろなお客様と話をしたり、雑誌取材でも緊張することなく話が出来たり、入社1年目で番組を企画し、構成を考え、出演したり...。その頃は無駄な仕事、スキルアップの邪魔としか思っていなかったことが、今振り返ると重要な経験でした。

・      研修の企画・構成を作る。

・      登壇や講師をしても緊張しない。

・      ファシリテーション任せとけ!

 

また、同期と差がついた私は、そのあとネットワークエンジニアとして突き詰めるのではなく、(ある意味ちょっと逃げですが)他のことにも興味を持ち、その後「業務APのエンジニアになりたい」とキャリアチェンジするきっかけにもなりました。

 

自分が描いた道の仕事だけではつまらないじゃないですか。

「無駄」「意味なし」と感じている仕事も、努力すれば必ず自分の身になるものですよ。

 

*****

新入社員の時、とある地方のケーブルテレビの番組持っていたんですよ。

「昨日見たよ~」なんて言われました。

でも残念ながら私はケーブルテレビに加入していなかったので、自分が出演している姿を見たことないのですが(笑)

 

Pocket

| 目次

Profileプロフィール

関和美
関和美
奈良女子大学 理学部 物理学科(現 物理科学科)卒業 日本電信電話株式会社に入社(NTT分社化によりエヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社に転籍)。主に金融系のSEとしてNWシステム 構築の設計、アプリケーション開発の要件定義、設計工程を経験し、その後プロジェクトマネジャーとしてプロジェクトに携わる。 2007年より現職。大規模プロジェクトにおけるPMO(Project Management Office)の運営およびプロジェクトマネジメント支援や、IT構想企画の支援を行っている。PMP。

Recent Entries最近の記事

このページのトップへ