ホーム > ブログ > 東崇城の記事一覧 > (特別編)もうすぐ試験


(特別編)もうすぐ試験

Pocket

もうすぐIPA情報処理技術者試験の、ITストラテジスト試験が行われる。例年10月の第3週に実施されるもので、今年もそれと変わらずに実施される。今回は「特別編」として、当該試験について語りたい。(内容の中身はあまり問わないでお願いします)

ITストラテジスト試験の応募者数等の年度別推移

ITストラテジスト試験の応募者数等の年度別推移

図1のグラフを見て頂ければわかるとおり、この試験は、応募者も受験者も毎年減る傾向にある。私が受験した2009年に比べると、一時期上昇に転じたが、トレンドは減少である。理由はいろいろ考えられるが、個人的には「受験層の人口減」と「景気」が大きいと思う(*1)。その要因で調整すれば、実質は減少しているとは言い難いのかな、と考える。

重要なのはそういうことではなく、毎年いちおうは700人程度の「ITストラテジスト」が”産まれる”はずなのに、どこで何してるんだろう?という思いのほうが強い。

私の場合2009年合格だが、合格と同時に「何か活動したい」と思い、ITストラテジスト協会なるものに所属した。そして、「自分の思考の幅を拡大したい」と思い、情報戦略やサービス科学などが考究できそうな大学院の門もたたいた。つまり試験の合格が、ちょっとした転機だったのかなと思う。(ただ、それで今苦しんでいることもあるのですが・・)

あとは、自分ひとりだとなかなか難しくてもコミュニティや学会に入ると(IT系だとなんでもいいと思うが)、それなりにつながりができる。IT業界は狭く、コミュニティもそうかもしれないが、集団になると心強い。

今後ITが活躍できるフィールドはとてつもなく広いと思う。でもそういう出逢いがあり続けたり、新しい景色が見えたりしたら、それこそが希望と勇気をくれる。足は震えているのだが。。

だけど、そう感じながらでも、何か活動できる。長い人生で少しでも何か「爪痕」残せれば、である。

今回言いたいのは、もし合格されたら、せっかく「企業の経営戦略に基づいて、ビジネスモデルや企業活動における特定のプロセスについて、情報技術を活用して改革・高度化・最適化するための基本戦略を策定・提案・推進する者」として、認知されるようになるのだから、それなりの活動を、アピールを、自分からの発信をしていただきたいし、自分もさらにそうしていきたいということであります。コミュニティでも学会でも、もちろん自社の中でも。

毎年この時期になったらこんなこと思うのだが現実は・・(笑)
ただ気持ちだけは、常に持っていたい。

注釈:
(*1) 特に「景気」が良くなると、業務多忙となり、受験日(日曜)に時間を取れない、勉強する時間が無い、という人が増えるであろう。

最後まで読んでいただきありがとうございました!!!

参考文献
※URLの最終アクセス日は何れも2014年10月13日
[1] 情報処理技術者推進機構 情報処理技術者試験 ホームページ https://www.jitec.ipa.go.jp/

Pocket

| 目次

Profileプロフィール

東崇城
東崇城
2015年2月末で退職いたしました。 本人の了解を得て、ブログはしばらく掲載いたします。 (株式会社アイ・ティ・イノベーション/コンサルタント ■大阪府枚方市出身 ■1997年 京都大学 農学部農林経済学科(現 食料・環境経済学科)卒業 ■アビームコンサルティング、日本IBMにて、主に証券、保険系のシステム開発プロジェクトにて要件定義から設計、開発、テストまで広く多く経験を積む。2008年より当社にて、主に通信系企業の品質管理支援、マネジメント支援、組織活性等のコンサルティングを担当 ■情報処理技術者試験(プロジェクトマネージャ、ITストラテジスト他)、品質管理検定1級。都内の夜間大学院にてMOTを学ぶ ■日本ITストラテジスト協会(JISTA)正会員 ■趣味は水泳、数理プログラミング、サブカル鑑賞 ■目指すは「歌って踊れるPMO」)

Recent Entries最近の記事

このページのトップへ