ホーム > ブログ > 東崇城の記事一覧 > 年末の思考(振り返り)


年末の思考(振り返り)

Pocket

1 はじめに

あっという間に年末である。

今年はどのような1年だっただろう。カテゴリ別に振り返ると興味深い。「職場」「会社(自社)」「技術コミュニティ」「学校(あれば)」「趣味仲間」「地域」そして「家庭」と、それぞれの中でどのような役割を果たせたか、果たせなかったか、を整理してみる。

そして将来の自分のGoalにとって、有益だったかなかったか。すると自ずと、来年の活動予定など見えてくる。年齢も40を過ぎると、そろそろ自分のGoalを考え、今の環境でいいのかなど考えてしまうものである。

時間は待ってくれませんからね…

2 振り返るCIO

IT戦略とCIO、というのが今年の私のテーマであった。CIOについて、このブログでも3回ほど記述したが、いま読み返すと結構稚拙な内容・・に驚く。つまりは、CIOやそれに準じる人がもっと経営戦略を理解して、IT戦略を考えないといけないですよ、というメッセージなのだが、なんとなく内容が薄い。

実は今年は、ある活動により何名かのCIOの方と話をすることができた。どの方もITを使って自社のIT戦略をどうしたいか、自社のIT活用をどうすべきか、相当考えられている。そして、実行されている。単なる割り当てられた役割以上のことを目指している。まあ、それはビジネスパーソンとして当然のことではあるが、そう思いつつも実行できることは困難である。

CIOの方々に共通することは「直近の課題対応と将来の構想対応をどう両立するか」が課題のように思われる。直近では、法制度対応、セキュリティ対応、他社がやるからすぐやる対応、、など、IT戦略どうのこうの関係なくすべきことがある。ただその一方で、中長期戦略に応じて、数年後のために今からすべきことがある。それはITシステムにとどまらず、IT部門の組織改革も含まれよう。

この両立において、CIOの方々は共感者を一人でも増やしたいと思われているようである。また、他のCxOの方々へも適切にコミュニケーションを取らなければならない。

経営とITの架け橋たるITストラテジストの究極形がCIOだとすると、我々はそれかもしくはその補佐を目指す必要がある。CIOといっても一人では孤軍奮闘であろう。自分のスキルと経験をもって、どれだけ想いを共有できるか。今後はそんなことにチャレンジしていければな、と思った(*1)。

3 最後に

あるCIOの方が言われていたのが、IT戦略に最も重要なのは「ロードマップ」と「マイルストン」である、とのことである。

これも当たり前なんだろうが、本当に計画通りに行く場合はともかく、通常はそんなことはない。その時に、バイアスを以下に排除し、「正しい」方向性をもって指南できるか?が大事とのことである。

バイアス排除・・もちろん己の置かれている状況によっても、感じるバイアスは異なるだろうが、非常に重要と考える。きちんとした意思決定には重要なことである。

そうとらえると、まずは事象を適切に捉え、何がバイアスとなり得るか?を常に考えること、それがCIOになるための/補佐するための、第一歩なのかもである(*2)。CIOに限ったことではないけれども、そう考えたい。

注釈:
(*1) 今はまだ思うだけだが(笑)
(*2) これを来年の目標としたい。

最後まで読んでいただきありがとうございました!!!

Pocket

| 目次

Profileプロフィール

東崇城
東崇城
2015年2月末で退職いたしました。 本人の了解を得て、ブログはしばらく掲載いたします。 (株式会社アイ・ティ・イノベーション/コンサルタント ■大阪府枚方市出身 ■1997年 京都大学 農学部農林経済学科(現 食料・環境経済学科)卒業 ■アビームコンサルティング、日本IBMにて、主に証券、保険系のシステム開発プロジェクトにて要件定義から設計、開発、テストまで広く多く経験を積む。2008年より当社にて、主に通信系企業の品質管理支援、マネジメント支援、組織活性等のコンサルティングを担当 ■情報処理技術者試験(プロジェクトマネージャ、ITストラテジスト他)、品質管理検定1級。都内の夜間大学院にてMOTを学ぶ ■日本ITストラテジスト協会(JISTA)正会員 ■趣味は水泳、数理プログラミング、サブカル鑑賞 ■目指すは「歌って踊れるPMO」)

Recent Entries最近の記事

このページのトップへ