ホーム > ブログ > 関口 真弓の記事一覧 > インド視察~~ムンバイからプネへ~~

インド視察~~ムンバイからプネへ~~

Pocket

お客様をご案内して、インド視察へ行ってきました.:*:・’゜

ITIのインド研修は、プネで行っています。
通常、受講者の方には、空路でプネまでお越しいただいていますが、今回の視察では、ムンバイからプネまで車で移動しました。約4時間ほどかかります。

ムンバイはもともとはポルトガル、そしてその後はイギリスに統治されていた歴史があり、1995年まではボンベイと呼ばれていました。

 

s_IMG_4749
チャトラパティ・シヴァージー・ターミナス駅(旧 ヴィクトリア・ターミナス駅)は、歴史的な建築として、2004年にユネスコ世界遺産に登録されました。今現在でも現役の駅です。

 

s_IMG_4763
インド門は1911年にキング・ジョージ5世の来印を記念して建造され、1924年に完成しました。

 

s_IMG_4762
インド門の前には、世界有数のタージ・マハル・ホテルがあります。

 

高速道路にのって、プネへ。
s_P2251705

 

高速道路を降りると、道路は大混雑です。
s_P2251725

バイクの多さに圧倒されます。
s_IMG_3147_R_R

 

研修先は、プネの『Magarpattacity』というITパークの中にあります。
プネ空港からは、約9キロと近いです。
s_IMG_4790

マガルパッタシティは、プネの著名なビジネスリーダーやテクノロジーリーダー達によって開発されました。このユニークなシティは、生い茂るグリーンと衛生面でのクリーンを大切にしながら自然環境を保ち、そしてまた最上級のクオリティーと快適さ、テクノロジーを提供してくれます。
これは、インド国内での最も偉大な土地開拓のひとつと言われています。

マガルパッタシティは壁に囲まれており、強固に防備されたゲートと監視されたエントランスで守られています。セキュリティをクリアしないといかなる訪問者もパーク内には入れないと言われています。

s_IMG_4805
パーク内は、緑がいっぱいで気持ちいいです。
また、道路上に低いカマボコ形の障害物(hump)を設けており、車はスピードを出せないので安全です。

パーク内には公園やスポーツジムなどもあります。
受講者の皆様も、公園でマラソンをしたり、ジムのヨガレッスンに通ったりと、うまくリフレッシュしながら研修に励んでいるようです。

 

インドでの研修は、安全面で不安・・・という人事担当の方!
一度視察に行かれてみませんか?

■ITIがご提供するインド視察の詳細はこちら
■ITIがご提供するグローバル人材育成研修の詳細はこちら

Pocket

目次
このページのトップへ