ホーム > ブログ > 関和美の記事一覧 > 無意識の発言や行動が意識するだけで変わる


無意識の発言や行動が意識するだけで変わる

Pocket

【質問】

安倍政権の「女性活躍推進」政策。私の周りでは活躍している女性が大勢いるため、取り立てて意識したことがありません。「何を今さら・・」と思ってしまいます。(38歳女性)

 

【かずみ先生より】

ダイバーシティ、女性としてのキャリアパスの描き方・仕事の仕方等、について話を聞く機会や、話をする機会がありますが、私自身正直あまり興味がなく、自分とは関係のない人達が騒いでいるのだと思っていました。

確かに、仕事を始めて間もないころは、女性だからという理由で同期の男性と仕事が明らかに違ったことはあり、悔しい思いをしましたが、それを乗り越え、今は悩んでいないので興味がないのかもしれません。

ところが先日、「何か女性に対して差別的だなと感じる具体的な発言や行動はある?」とある方から聞かれ、よくよく考えてみると確かに活躍を妨げることや、差別的だなと思うことが普通にあるなぁ、と気付きました。

 

  •  「XXプロジェクトのプロジェクトマネージャが・・・」というべきところ「XXプロジェクトの女性のプロジェクトマネージャが・・・」と、性別の特定が不要なところで、いちいち「女性」と付ける会話。
    「男性のプロジェクトマネージャ」とは絶対言わない。
  • 提案書や研修教材を作る際、イラストを入れて表現するが、仕事をしている人のイラストは全てネクタイをした男性(風)。
    ネットで「イラスト」「ビジネス」で検索すると、大半が男性風のイラストであることが大きな原因かも・・・
  • 朝まで寝ずに家で仕事をしている女性。大変だねって思っていたケド・・・。
    家事、子育てが夫婦間で平等で協力的であれば、もっと早くに仕事を終えることができたのでは?

 

よくよく考えなければ、それが当たり前として流れてしまうような発言や行動。私自身も女性の活躍に対して妨げになる発言や行動をしていることがあるなぁ、と反省しました。

改めて具体的に考えてみてください。自分も無意識のうちに慣習に流されているかもしれませんよ。

*****

愛猫達が汚しても、洗いやすいように、リビングのカーペットをタイルカーペットにしました。(小さくカットされた正方形のカーペットを並べて使うアレです)

今朝、起きてリビングに行くと、タイルカーペットの端の1枚がなくなっている!何が何だかわからず、廊下に移動するとそこに、カーペットが・・・。

「どうやって、数メートル移動したの?もしかしたらウチの猫の前足は手?二足歩行?」と妄想した朝でした。

Pocket

| 目次

Profileプロフィール

関和美
関和美
奈良女子大学 理学部 物理学科(現 物理科学科)卒業 日本電信電話株式会社に入社(NTT分社化によりエヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社に転籍)。主に金融系のSEとしてNWシステム 構築の設計、アプリケーション開発の要件定義、設計工程を経験し、その後プロジェクトマネジャーとしてプロジェクトに携わる。 2007年より現職。大規模プロジェクトにおけるPMO(Project Management Office)の運営およびプロジェクトマネジメント支援や、IT構想企画の支援を行っている。PMP。

Recent Entries最近の記事

このページのトップへ