伝わる文書作成術
~読み手の納得を得て行動を促す~

2日間 中級レベル

概要

企画書、提案書・・様々な局面において、文書やプレゼンテーション資料がビジネスを方向付け、動かしています。しかしその作成は、属人的なセンスに任されていたり、前例を真似てなんとなく体裁を整えたり・・という感じではないでしょうか。
本研修では、 「正確に意図を伝える」ことを主軸におき、構造検討から表現技術に至るまでを、 論理的かつ実践的に学びます。相手のココロを動かし、期待する行動を起こしてもらえるような文書の作り方を体系的に学び、演習を通じて会得します。

期間2日間
開始終了時刻09:30-17:30
PDUPDUの対象ではございません
CDUCDUの対象ではございません
オープンコース受講料120,000円(税別)
テキスト代5,000円(税別)
主な学習項目
  • 論理的思考力の原理
  • 考えを表現するピラミッド構造の作り方
  • 伝える相手を深く知ることの必要性
  • 構造を文書やプレゼンテーション資料に展開する方法と表現技術

※ ワークショップ形式にて演習を行います。

到達目標
  • 正確に意図を伝えるために必要な考え方とスキルを身に付ける
対象者
  • 説得力のある文書、プレゼンテーション資料を作成できるようになりたいと思われている方
前提条件
  • 企画書、提案書などの作成経験があることが望ましい
修了条件
  • 原則として遅刻/退席は認められていません。遅刻/退席の場合は、規定の修了証を発行できない場合がありますので、ご注意ください。
  • やむを得ない事情で遅刻/退席する場合は、遅刻/退席すること、および退席から復帰する旨を、講師または研修事務局にご連絡ください。
受講者の声
  • 主張、根拠をもとに考えて構築する事を学べました。
  • 読み手を意識して、ドキュメントの構成を考える大切さを再確認しました。
  • 演習が多く、グループワークを通じて、別メンバーからの気づきも得られました。
  • 自分の資料やメンバーの資料のチェックをするのに活かせます。
  • 相手の事を考える視点を持つことで、コミュニケーションミスや認識のズレを改善できると思いました。
このページのトップへ