超上流工程実践
~成功するITシステム企画の考え方・進め方~

2日間 14PDU (Strategic) 14CDU 中級レベル

概要

「企業のITシステムの3割は使われていない」という報告もあるほど、十分な構想・企画を経ないで開発に進んでしまい、導入したのに効果が上がっていないシステムは少なくありません。IT構想・企画で「システムを作る目的・意義」「システム化の実現方法」「費用対効果」などを明確化するには、正しい手順で検討を進める必要があります。
本研修では、IT構想・企画のプロセスや成果物の作成方法を学びます。実践的な演習を通じ、IT構想・企画における具体的なテクニックやノウハウを身に付ける事ができます。

期間2日間
開始終了時刻09:30-17:30
PDU14PDU (Strategic)
CDU14CDU
オープンコース受講料120,000円(税別)
テキスト代5,000円(税別)

事例紹介(お客様の声)はこちらからご覧ください。

主な学習項目
  • IT構想・企画の望ましい手順
  • 企業戦略・課題に合致したIT構想・企画を導く方法
  • システムの概要定義の方法
  • システム化の実現シナリオの描き方

※ ワークショップ形式にて演習を行います。

到達目標
  • IT構想・企画の手順作成、進行管理
  • 企業戦略・課題に合致したIT構想・企画の作成
  • システムの概要モデリング
  • システム化の概略計画の作成
対象者
  • IT構想・企画に携わる方
  • あるべきシステムの企画ができるようになりたいと思われている方
前提条件
  • 企業のIT構想・企画に関わった経験があること
  • 業務システムの要件定義に主導的な立場で関与した経験があること
修了条件
  • 原則として遅刻/退席は認められていません。遅刻/退席の場合は、規定の修了証を発行できない場合がありますので、ご注意ください。
  • やむを得ない事情で遅刻/退席する場合は、遅刻/退席すること、および退席から復帰する旨を、講師または研修事務局にご連絡ください。
備考

※『提案活動実践』と内容が一部共通しています(「自社内の企画書を作成する」観点から構成)。

受講者の声
  • 要件定義をどのように進めていったらよいか分からず、今までは自己流だったが、定義構成をきちんと把握することができました。
  • IT構想企画のプロセスを体系的かつ、意味を理解することができました。
  • 要求の洗い出し方が、今までは先のソリューションを想定しての洗い出し方だったので、アプローチの仕方が違う(変える必要がある)ことが分かりました。
  • 企画書の参考資料は読んでいますが、こちらの方が現行業務に適していると感じました。
  • 実際の事例提示や演習での講師からのアドバイスがとても参考になりました。
  • ベンダー側からはあまり聞くことができなかった企画構想について進め方を学ぶことができたため、研修に価値を感じました。
  • 具体例をあげて説明いただけたため、とても分かりやすく、また講師の経験則からのお話も興味深かったです。とても楽しく勉強することができました。
  • 演習を通じて理解が深まりました。
このページのトップへ