ホーム > 研修 > 日本ヒューレット・パッカード主催コース > Certified Data Center Facility Operations Manager

Certified Data Center Facility Operations Manager<含認定試験>
(データセンター・ファシリティオペレーションマネージャ認定コース)

3日間 中級レベル

 
概要

データセンター ファシリティを運用管理するためのベストプラクティスを習得します。
ベンダー、保守契約、安全、法令要件、SLA、セキュリティ、フロア、容量、清掃、体制、監視など、運用管理に必要なすべての課題を網羅します。
データセンター運用を改善・強化して、費用対効果の高い一貫した品質のサービスを提供できるようになります。
コース最終日に実施されるデータセンター ファシリティー オペレーション マネージャ認定試験に合格すると、CDFOM: Certified Data Center Facility Operations Manager資格が取得できます。

期間 3日間
開始終了時刻 10:00-18:00
開催場所 日本ヒューレット・パッカード株式会社 本社(東京都江東区大島)
PDU PDUの対象ではございません
CDU CDUの対象ではございません
受講料 210,000円(税別)
主な学習項目
  • データセンター運用のための組織
  • ベンダーの管理
  • 保守契約
  • 安全管理
  • 法令要件管理
  • サービスレベルアグリーメント(SLA)の管理
  • 物理的なセキュリティの管理
  • 日常のデータセンター運用管理
  • フロアの管理
  • 容量の管理
  • 設備の設置と撤去
  • ケーブルの管理
  • データセンターの清掃と有害生物駆除
到達目標
  • データセンターの運用に関する課題を挙げる
  • 運用管理のための組織を設計する
  • 適切な保守契約を結ぶ
  • 安全のための対策を施し、事故を防ぐ
  • 妥当なSLAを定義および管理する
  • 様々なデータセンターのセキュリティの課題を改善する
  • データセンターの日常の運用管理のベストプラクティスを適用する
  • 検討すべき様々なキャパシティを管理する
  • 設備の設置と撤去を効率よく実施する
対象者
  • データセンター ファシリティーの運用管理を担当される実務者、責任者、コンサルタント、マネージャ
前提条件
  • コンピュータの基礎知識を有する方。
  • CDCP(データセンタープロフェッショナル認定)の知識があることが望ましい。
受講者の声
  • 国内、海外の傾向などもわかり有意義だった
  • 運用で自分の考え方、進め方で迷う部分があったが、研修をうけて正しいことだったと自信が持てた
  • 安全管理に関する建築業者とIT事業者のギャップの大きさをあらためて認識した。今後のDC拡張、リプレイス等の場面で役立てたい
  • 断片的な知識が体系立てて受講することができ、有益だった
  • 講師の話がとてもヒントになり面白かった
  • データセンタのファシリティマネジメントに関してあるべき姿は体系的に理解でき、満足
  • 講師の話が分かりやすい。今後の業務へのたくさんの気づきをもって帰ることができた
  • 運用担当のお客様からの質問(問い合わせ)に対する回答時に役立たせたい
このページのトップへ