ホーム > 国内研修 > プロジェクトマネジメントコース > 営業のためのプロジェクトマネジメント

営業のためのプロジェクトマネジメント
~プロジェクト計画、見積り、推進時のポイント~

1日間 8PDU (Technical) 中級レベル

概要

営業とプロジェクトマネージャは協力すべき立場ですが、実際には意識共有が難しく、対立してしまうことも珍しくありません。営業がマネジメントの『勘どころ』を学ぶ。そうすることによって、互いの立場や考え方を尊重しながら、プロジェクトの成功に向かって協力関係を築くことができます。
本研修では、営業向けにマネジメント理論を噛み砕いて説明します。特に重要となる、かつ関心度の高いリスクや見積りについては、演習を設けて理解を深めます。

期間1日間
開始終了時刻09:00-18:00
PDU8PDU (Technical)
CDUCDUの対象ではございません
オープンコース受講料60,000円(税別)
テキスト代5,000円(税別)
主な学習項目
  • リスクを予測する手法・観点
  • 効果的な対策を立てる手法・観点
  • 精度を向上させる見積り手順
  • 根拠立てて見積る考え方
到達目標
  • PMが作成したプロジェクトリスクや見積りの精査
  • マネジメント理論の理解を背景にした、PMとの論理的な協議→協力関係の構築
  • プロジェクトマネジメント上求められる、顧客接点としての適切な振る舞い(対顧客調整・顧客の立場/意見の伝達など)
対象者
  • プロジェクトにおいて顧客との窓口を担う営業担当者
  • 営業的な立場からプロジェクト計画書のレビューを担当されている方
前提条件
  • システム開発の提案、見積りを行った経験があること
修了条件
  • 原則として遅刻/退席は認められていません。遅刻/退席の場合は、規定の修了証を発行できない場合がありますので、ご注意ください。
  • やむを得ない事情で遅刻/退席する場合は、遅刻/退席すること、および退席から復帰する旨を、講師または研修事務局にご連絡ください。
備考

※『プロジェクト計画』『初期見積り』と内容が一部共通しています。

受講者の声
  • 営業としての役割、視点を理解できたので、情報のヒヤリング、レビューに積極的に参加したいと思います。
  • プロジェクトリスク分析の重要性が理解できました。
  • 現場視点を含んだ解説を頂いて良かったです。
  • 実例と対策が分かりやすく書かれていました。
  • 営業として、注力するポイントや視点を明確に理解でき、日常業務に活かしていきたいと思いました。
  • 営業視点からPMが求めている情報、PMとのかかわり方、見積りについて理解できました。
  • 演習を行うことで、様々な意見をきくことができ有意義でした。
このページのトップへ