プロジェクト計画
~リスクから考える計画書~

2日間 16PDU (Technical) 中級レベル

概要

「なんとなく感覚的にリスクを挙げるだけ」「チェックリストに○×をつけるだけ」「リスク対策が具体的に実行されない」 ・・・ 多くの企業でリスク管理は形骸化しています。
「プロジェクトの危険性」を察知する方法は?
十分なリスク克服策をプロジェクト計画に加えるには?
このような悩みに応え、本研修では「論理的なリスク洗い出し法」「リスク意識を周囲と共有するには」「プロジェクト計画へのリスク対策の反映法」などを、リアルなケーススタディ中心に学びます。

期間2日間
開始終了時刻09:00-18:00
PDU16PDU (Technical)
CDUCDUの対象ではございません
オープンコース受講料120,000円(税別)
テキスト代5,000円(税別)
主な学習項目
  • リスクドリブンで、プロジェクト計画を立案する
  • 「不安なところ」を探す方法・観点
  • リスクの根拠を示し、周囲とリスク意識を共有する
  • 効果的なリスク対策を考案する
  • リスク対策を、具体的にプロジェクト計画に盛り込む
到達目標
  • リスクを論理的に洗い出し、整理することができる
  • リスクに対して効果的な対策を考案できる
  • リスク克服の工夫が施されたプロジェクト計画を作成できる
  • 周囲にリスク意識を伝え、協力してリスクに対処できる
対象者
  • プロジェクトマネージャ/リーダー
  • プロジェクト計画立案時の実践的な勘どころを身に付けたい方
前提条件
  • プロジェクトマネージャ、チームリーダー、リーダーのサポート等、管理的な立場でプロジェクトに参画した経験があること
修了条件
  • 原則として遅刻/退席は認められていません。遅刻/退席の場合は、規定の修了証を発行できない場合がありますので、ご注意ください。
  • やむを得ない事情で遅刻/退席する場合は、遅刻/退席すること、および退席から復帰する旨を、講師または研修事務局にご連絡ください。
受講者の声
  • リスクに関する重要性を認識することができたので、現場で新しい案件が出てきた際には活かしたいです。
  • リスクについてここまで真剣に考える時間がなかったので、とても勉強になりました。
  • リスクがプロジェクトの計画に影響があること、初めて知りました。
  • 講師の経験談を聞くことができ、非常に参考になりました
  • プロジェクトマネージャのあるべき人物像が知れて良かったです。自分に足りない部分を痛感しました。
  • 演習を通じて、自分以外の人の意見が異なることを知り、視野が広がりました。
  • 普段、計画時にはリスク分析をしていなかったが、リスク分析の重要性が理解できたため、取り入れようと思います。
  • 実務に十分活用できる内容でした。特にリスクの洗い出しから、計画に落とし込むところは有効であると感じました。
このページのトップへ