ホーム > 海外研修 > インド(プネ) > グローバルシステムエンジニアリングコース

グローバルシステムエンジニアリングコース

期間:16週間 場所:インド(プネ)

本コースの目的

設計、データ構造、データベース、プログラミング言語および品質を含めた開発ライフサイクルとソフトウェア工学の基礎を重点的に学び、コース後半では、Javaテクノロジーを使用した実装演習を行う。

到達目標
★ 語学・クロスカルチャ
  • 英語でのコミュニケーションに対する抵抗感をなくし、英語で話すことに自信を持つことができる
  • 異なるバックグラウンドを持つ人々との対話を通じて、問題解決に導くスキルを身に付けることができる
  • 客観的な視点で自国と他国の文化におけるギャップを分析し、その違いに価値を認めて、うまく活用できるようになる
★ 専門分野
ソフトウェアテクノロジー(基礎)
  • 複雑なソフトウェアシステムを設計するためのモデルとプロセスの重要な側面を説明できるようになる
  • 複雑なソフトウェアシステムの開発のためのソフトウェアエンジニアリングのプロセスの重要な側面を適用できるようになる
  • 複雑なソフトウェアシステムの要件を評価できるようになる
  • オブジェクト指向のアプローチを使用した分析と設計のプロセスを適用することができるようになる
Webアプリ構築プロジェクト(Java)
  • 仕様や性能、メンテナンスおよび品質要件を満たすソフトウェアシステムのテスト、仕様、設計、実装を含むソフトウェアエンジニアリングの問題を識別、明確化し、解決できる
  • プロジェクトのさまざまな関係者との生産的な協力関係を通じてソフトウェアの要件を導き出し、分析し、仕様を定めることができる
  • Java技術を使用した複雑なソフトウェアシステムを開発することができる
  • チームで効果的に機能する能力を身につける
コース概要
語学研修 ビジネス英語コミュニケーション(初中級):80時間
クロスカルチャ
研修
グローバルビジネスマインドセット&リーダシップ:40時間
・グローバルリーダーシップケーススタディ
・フィールドワーク(Company visit)

異文化コミュニケーション:40時間
異文化の意味とその必要性を理解し、対応を学ぶ。
・インド文化や習慣
・異文化経験共有(フィールドビジット含)
・ケーススタディ
・プレゼンテーション 
専門研修 ソフトウェアテクノロジー(基礎):240時間
・Software Engineering
・OOPs using C++ with UML
・Database
・Web Technologies
・Fundamentals of Quality & Testing

Webアプリ構築プロジェクト(Java):240時間
・Mini Project Design
・JAVA Technology
・Enterprise Java
・Project Implementation
・Presentation
前提条件 ・若年層(実務経験0~3年)
・IT技術者
・TOEIC(目安)500点以上
・構造化プログラミング概念の理解
・ソフトウェア開発プロセスの基礎について精通していること
・CもしくはPascal言語の基礎知識
・Javaの基礎知識
使用言語 英語
開催場所 インド(プネ)
期間 16週間
開催予定日 ※お問い合わせ下さい。
このページのトップへ