ホーム > 海外研修 > マレーシア(クアラルンプール) > ビジネスITアーキテクチャ実践コース

ビジネスITアーキテクチャ実践コース

期間:4週間 場所:マレーシア(クアラルンプール)

本コースの目的

ワークショップを通じて、ビジネスとITアーキテクチャの関係を理解し、ITABoKの5つのITアーキテクチャ・スキルを実際のプロジェクトにどのように適用するかについて学ぶ。
また、アーキテクチャ開発メソドロジーであるTOGAF®の理解と適用方法や、ビジネス・テクノロジー戦略の適用方法を学ぶ。

到達目標
★ 専門分野
ビジネスITアーキテクチャ基礎/Business IT Architecture Fundamentals (BITAF)
  • ビジネス価値を証明するためのROI(ITA-ROI)のフレームワークを理解する。
  • ユースケースでのビジネス要求の定義について具体的な手法を身につける。
  • ITプロジェクト実施前に、どのようにITアーキテクチャをデザインするかについて理解する。
  • ビジネス戦略に基づき、ビジネス・アーキテクチャおよび各プロジェクトのポートフォリオの構築、各プロジェクトのビジネス要求のデザイン、などを理解する。
ITアーキテクチャ・コア/IT Architecture Core (ITAC)
  • 5つのコアスキルの詳細と、実際にどのように活用するのかを理解する。
  • ITアーキテクチャのコンセプトを組織に導入する方法について理解する。
  • 新しいアーキテクチャ・コンセプト・ベースの業務プロセスをどのように動かしていくか理解する。
TOGAF® 9.1基礎/TOGAF® 9.1 Foundation & Certified
  • ITアーキテクトの要件である「スキル」と「プロセスとツール」の体系であるフレームワークの相互補完的な関係を理解する。
  • 企業内の内部プロセスにフォーカスし、どのようにすればビジネスとITの整合性を実現できるかを理解する。
  • 企業がITアーキテクチャのオープンな標準化の主導権を握り、主要ベンダー固有の方法によるロックイン状態を防ぐためのヒントを理解する。
ビジネス・テクノロジー戦略基礎/Business Technology Strategy(BTS)
  • ビジネス戦略とテクノロジー戦略をアーキテクチャ的に可視化した上で、IT投資をビジネス価値に変換する体系的なスキルと手法を身につける。
  • ビジネス戦略からテクノロジー戦略を導き、テクノロジーの価値を可視化した上で、「IT投資=ビジネス価値」としての優先順位付けの方法を理解する。
  • 企業の業界、組織構造、文化に視点を置いたステークホルダーへのコミュニケーション戦略を通して、アーキテクチャ活動のエンゲージメント・モデルとその実践的な手法を理解する。
  • アーキテクトに要求される「アーキテクチャの価値」と「テクノロジーの価値」を企業内でどのように訴求していくか、その実践的なスキルを身につける。
コース概要
語学研修 無し。但し、ご要望に応じて対応可能です(別途料金)
クロスカルチャ
研修
オプション(別途料金)
専門研修 ビジネスITアーキテクチャ基礎:3日間
・ビジネスとITアーキテクチャの展望、特徴
・ITアーキテクチャのもたらすビジネス価値
・戦略的ITアーキテクチャ・マネジメント
・ビジネス・テクノロジー戦略、IT環境、品質特性、デザイン、ヒューマン・ダイナミクスの基礎スキル
・ITアーキテクトの役割と専門性

ITアーキテクチャ・コア:4日間
・ITアーキテクチャとITアーキテクト
・5つのスキル(デザイン、IT環境、品質特性、ビジネス・テクノロジー戦略、ヒューマン・ダイナミクス)
・ITアーキテクチャ・プロジェクト選択
・ITアーキテクチャ設計と導入
・ITアーキテクチャ・マネジメント

TOGAF® 9.1基礎:4日間
・TOGAF® 9.1コンポーネント
・アーキテクチャ・ガバナンス
・ステークホルダー・マネジメント
・ADM適用ガイドライン(イタレーション、セキュリティ、SOA、等)
・アーキテクチャ・スキル・フレームワーク

ビジネス・テクノロジー戦略基礎:4日間
・ビジネス・ファンダメンタル(ビジネスとセグメントの明確化、内部組織構造を描く、ビジネス価値評価、業界分析、等)
・組織へのテクノロジーの統合化
・テクノロジー戦略の推進(ビジネスの理解、効果的ナレッジ・マネジメントの推進、正しい意思決定、等)
前提条件 ・中堅層以上(実務経験6年以上)
・企画・マーケティング・IT技術者
・TOEIC(目安)700点以上
使用言語 英語
開催場所 マレーシア(クアラルンプール)
期間 4週間
開催予定日 ※お問い合わせ下さい。
このページのトップへ