ホーム > 方法論

Modusシリーズ

成功するプロジェクトは、方法論が支える

『 Modus 』シリーズは、長年アイ・ティ・イノベーション社が実務を通して蓄積したノウハウを体系立て、そして実用的にまとめた方法論です。
企画、PMO、プロジェクトマネジメント、MDM(Master Data Management)、見積り、開発、テスト、サービスレベル、人材に関する9つの方法論があります。

※ Modus(モーダス)=ラテン語で「方法(論)」の意味。

詳しい体系図はこちらからご覧ください。

IT構想・企画方法論
Modus IP

超上流工程(IT構想・企画)のプロセスを体系的にまとめあげた方法論です。IT構想・企画段階に必要なテンプレート、サンプルなどを揃え、実務者本位の内容となっています。

プロジェクトマネジメントオフィス運営方法論
Modus_PMO

PMO(Project Management Office)の役割、保有機能、活動内容についての考え方やプロセスを体系的にまとめた方法論です。また、プロジェクトレビュー実施要領/結果報告書、PMO活動評価報告書などのプPMO活動に利用できるテンプレートが含まれています。

プロジェクト・マネジメント方法論
Modus PM

プロジェクトにおける、進捗管理、変更管理、リスク管理、品質管理、構成管理、外部委託先管理、複数プロジェクト管理のための考え方やプロセス、技法を体系的にまとめた方法論です。また、プロジェクト計画書やリスク評価シートなどのプロジェクトマネジメントに利用できるテンプレートが含まれています。

MDM設計構築方法論
Modus_MDM

MDM(Master Data Management、マスタデータ管理)構築における、MDMの基本概念、設計構築のシナリオ、基本設計・詳細設計・構築・移行の考え方やプロセスを体系的にまとめた方法論です。

見積り方法論
Modus ES

システムの開発規模や工数を見積るためのフレームワークを提供する方法論です。プロジェクトの各段階における見積の考え方、プロセス、技法が体系的にまとめられ、また、見積作業を効率化し、データを蓄積するためにも有用なテンプレートが付属しています。

システム開発方法論
Modus SD

システムの分析・設計、プログラミング・テスト、保守といった情報システムのライフサイクル全般について体系的にまとめた方法論です。開発作業をいくつかの工程に分け、各工程で考えられるべきこと、行うべきことを細かく標準化し、作業者が一定の手順に従って作業を進められるようになっています。

テスト方法論
Modus TE

テスト工程における、テストの計画、設計、準備、実施、およびテストの管理ための方法論です。 テスト工程で活用することができる豊富で使いやすいテンプレートが含まれています。

SLA・SLM方法論
Modus SL

システム運用・保守におけるサービス提供を維持・管理していくための考え方やプロセスをまとめた方法論です。ガイドラインでは、運用・保守のPDCAサイクルに沿った各種テンプレートやSLA作成に関する手引きが含まれています。

人材戦略・人材育成方法論
Modus HR

IT技術者の人材育成と能力開発、人材管理のための考え方やプロセスを体系的にまとめた方法論です。人材育成のプロセスや育成プロセスの軸となる人材モデルなどのテンプレートや具体的な事例などが含まれています。

方法論の体系図

※ クリックで大きい画像が表示されます。

このページのトップへ