ホーム > 方法論 > IT構想・企画方法論

Modus IP

IT構想・企画方法論

Modus_IP

情報システムがビジネスを発展させるチャンスを担っている昨今、情報システムのコンセプト(なぜこの情報システムが必要なのか、どのように業務を支援し、どのような効果を生み出すか)を明らかにするIT構想・企画の重要性は、ますます高まっています。
アイ・ティ・イノベーションのModus IPは、Business Analysis Body of Knowledge® (BABOK®)の概念を取り入れ、ビジネスと結びついた情報システムの構想・企画を支援します。

構成
IT構想・企画方法論
  1. IT構想・企画の概要
  2. IT構想・企画の手順
  3. IT構想・企画の実施
  4. テクニック
  5. 記入例
付録資料
  • 用語集
  • 参考文献
  • 事例集
特徴
  • グローバルスタンダードとして定着しつつあるBABOK®のエッセンスを取り入れた、汎用性の高い方法論。
  • 無駄なIT投資に繋がりやすい「システム化ありき」の考え方から脱却するために、”要求”と”ソリューション”を段階的に検討する手法を実現。
  • 企業価値の向上と現場の課題解決を両立する、トップダウンとボトムアップ2つの観点からの要求整理と体系化。
  • 完成度の高い業務と最適なシステム構造を実現するために、プロセスとデータ双方から業務を分析。
このページのトップへ