ホーム > 方法論 > MDM設計構築方法論

Modus MDM

MDM設計構築方法論

Modus_MDM

近年、企業の情報システムが巨大化、複雑化するにつれて、複数のアプリケーション上で本来共通であるべきマスタデータが不一致となり、しばしば情報システム全体に悪影響を与えています。この現象を解消するために、共通マスタデータを一元管理しデータの鮮度、精度を保つとともに、複数システム間のマスタデータを同期するしくみの必要性が高まっています。
MDM(Master Data Management、マスタデータ管理)は、文字通り企業の情報システムにおける要(かなめ)であり、データベース設計の基本である One fact in one place といった技術的観点はもとより、エンタープライズ・アーキテクチャ(EA)における全社システム構造を考える際にも中核となる最重要パーツです。 アイ・ティ・イノベーションのModus MDMは、MDM構築に対する共通の理解と作業の効率化を支援します。

「Modus MDM」の概要は、下記ボタンからダウンロードできます。
コンテンツは以下の通りです。
  1. なぜ今、MDMか?
  2. MDMについての要約
  3.  ①マスタHUB
     ②マスタ入力
     ③リポジトリー
  4. テクノロジーとスキル

構成
MDM設計構築方法論
  1. MDM設計構築の概要
    (はじめに、MDMの概要、MDM設計構築のシナリオ)
  2. MDMの基本設計
    (マスタデータ配置の現状分析、マスタデータ配置のあるべき姿、共通マスタのデータモデリング、MDH(マスタデータハブ)の設計、MMS(マスタメンテナンスシステム)の設計、既存システムの改修設計)
  3. MDMの詳細設計・構築
    (MDMツール・構築ベンダーの選定、MDH詳細設計・構築、MMS詳細設計・構築、MDMへの移行)
付録資料
  • 各種成果物テンプレート
特徴
  • アイ・ティ・イノベーションが長年培った経験・実績に基づき、MDM設計構築に必要な考え方や手順を定義
このページのトップへ