ホーム > 方法論 > システム開発方法論

Modus SD

システム開発方法論

Modus SD

企業の情報システムを構築するためには、体系化された技術が必要であることは言うまでもありません。
アイ・ティ・イノベーションのModus SDは、システム開発作業をいくつかの工程に分け、各工程で考えるべきこと、行うべきことを細かく定義しています。これにより、開発工程の標準化、可視化が実現され、品質・費用・納期における改善に大きく寄与します。


構成
  1. はじめに
  2. ModusSD(システム開発方法論)概要
  3. 開発作業手順
  4. 成果物の目的とチェックポイント
  5. 補足資料
  6. 成果物テンプレート
  7. 成果物サンプル
特徴
  • システム開発における上流の要件定義から、外部設計・内部設計・プログラミング・テスト・システム移行までをトータルにサポート
  • 上流工程はデータ中心アプローチ(DOA)、下流工程はオブジェクト指向設計(OOD)で実施し、DOAの結果をスムーズにOODに連携
  • 各工程毎に詳細な作業手順と各種技法を定義
  • システム開発で作成する成果物を詳細に規定し、各成果物の記述例(サンプル)、テンプレートおよび成果物のチェックポイントも用意
ModusSD導入のメリット
  • システム開発工程の標準化、可視化を実現し、品質・費用・納期における改善に寄与
  • 各工程で考えられるべきこと、行うべきことを細かく標準化し、担当者が一定の手順に従って作業を進めることが可能
  • テンプレート、サンプルおよび成果物のチェックポイントを使うことで、ドキュメントワークの負荷を削減、作成する成果物の品質向上が可能
このページのトップへ