ホーム > 方法論 > SLA・SLM方法論

Modus SL

SLA・SLM方法論

Modus SL

一般的な運用・保守の委託では、サービスに対する「達成すべき目標値」や「守るべき期待値」が明確にされていないケースが多く、適正なコストでサービスが提供されているのか判断出来ない要因の一つとなっています。その根本的な問題は、委託者と受託者間における目標達成のための共通した指標および評価のプロセスが存在しないことではないでしょうか。
 アイ・ティ・イノベーションのModusSLは、情報システムによるサービス提供、および維持・管理活動の推進に役立てることが可能です。

構成
基本方針
  1. 目的・背景
  2. ModusSLの適用範囲(前提条件・制約事項)
  3. SLAの基本構成
  4. 推進体制と基本的な考え方
サービスレベル・マネジメント
  1. SLMプロセスの概要と流れ
  2. SLA/SLM推進プロセスの実行
  3. SLA/SLMと競争力の強化
  4. 将来的な要求事項について
特徴
  • システムの開発ライフサイクルを考慮したPDCAサイクル(SLMプロセス)を体系化
  • サービス提供者の視点だけでなく、サービス利用者であるユーザ企業の視点も考慮したSLA/SLM導入を解説
このページのトップへ