マレーシア(クアラルンプール)海外研修

ASEAN諸国での豊富な実績を誇るatd solutionとアイ・ティ・イノベーションが提携し、チャイナプラスワンでも注目される親日国家マレーシアで、英語圏で誕生したITアーキテクチャの概念を学ぶ研修を行います。

マレーシア(クアラルンプール)海外研修の特徴



ITアーキテクトのための知識体系『ITABoK』に基づいたカリキュラム

ITABoK (IT Architecture Body of Knowledge)とは、Iasaが提唱する「ITアーキテクチャコンセプト及びITアーキテクトに求められるスキル体系」のことです。ビジネス構造と表裏一体をなすIT構造をデザインし、企業価値を向上させるためにはITアーキテクトの存在は必須となります。
atd solutionとの提携により、ITアーキテクチャにおける「基礎力」、「実務力」、「俯瞰力」そして「判断力」を英語で学べる研修プログラムをご提供致します。


atd solution

atd solutionは、Business と ITに関するトレーニングを提供している会社で、マレーシアだけではなく、インドネシア、シンガポールなどでもトレーニングを提供しています。
KLセントラル駅から電車で1駅、車で約5分の“Mid Valley Megamall”という複合商業施設内にあり、ホテルや多くの有名IT企業のオフィスがあるほか、大きなショッピングモールには、イオンなどもあり大変便利です。

atd solution
グローバルITアーキテクトとして高い実績のある講師陣

aaron 主な研修講師

Mr. Aaron Tan Dani
Chief Architect, atd solution
Chairman & Founder Iasa Asia Pacific





多民族国家、東南アジア注目の大都市“クアラルンプール”

マレーシアツインタワー マレーシアの首都・クアラルンプールは、豊かな緑の中に高層ビルが立ち並ぶ東南アジア有数の近代都市で、「KL(ケーエル)」の愛称で親しまれています。クアラルンプールとは、「濁った川が交わる場所」という意味のマレー語で、1800年代にスズの集積所として発展しました。旧中央駅を中心に広がる美しいムーア建築とペトロナスツインタワーをはじめとする近代建築と自然が見事に調和された美しい都市です。


国内では学べない、多彩な文化が混ざり合う環境

参加者の多くはマレーシア人です。マレーシアは多民族国家。それぞれの文化、言語、宗教、生活様式を保ちつつ、互いを尊重し、独特なマレーシアの魅力を創り出しています。アラブ、オーストラリア、ロシア等からの参加もあり、1つの教室内でも様々な異文化背景を持つ人々と出会うことができます。

マレーシア(クアラルンプール)グローバル研修風景

★ マレーシア(クアラルンプール)コース紹介 ★*。・

各コースの詳細は、下表のコース名をクリックしてご確認ください。

コース名 目的 期間
ビジネスITアーキテクチャ基礎コース 座学とワークショップを通じ、クロスカルチャな環境下で、ITのビジネス・アジリティ(俊敏性)を活かす戦略を立案・提案が出来るようになる。 2週間
ビジネスITアーキテクチャ実践コース 座学とワークショップを通じ、クロスカルチャな環境下で、ITのビジネス・アジリティ(俊敏性)を活かす戦略を立案・提案し、かつ設計・計画ができるようになる。 4週間

渡航前スケジュール概要

出発3ヶ月前 受講生募集
出発2ヶ月前 お申し込み完了。オリエン実施
出発2週間前 ビザなどの手続完了

詳細については、営業担当あるいは当ページからお問い合わせください。
地域によっては、スケジュールが多少前後することもありますのでご了承下さい。

このページのトップへ