DX(デジタルトランスフォーメーション)推進コンサルティング 株式会社アイ・ティ・イノベーション

menuclear
ホーム > ブログ

ブログ

【連載:IT哲学のススメ】その7 林が考えるIT哲学モデル 最終章

さて、IT哲学のススメは、今回で最終章を迎えることになった。 IT企業を起業して、24年目に入った。振り返ってみると、自ら経営してみてわかったことは、はっきりと先が見えていて、経営上の重要な決断を下したことは無いに等しい […]続きを読む

ユーザーエクスペリエンスとエンタープライズアーキテクチャ

前回まで、エンタープライズアーキテクチャとデジタルトランスフォーメーションの関係をとりあげてきました。今回は視点を変え、ユーザーエクスペリエンス(以下、UXとあらわします)に触れたいと思います。昨今、UXという言葉を目に […]続きを読む

6Gが切り拓く2030年の未来と技術開発体制のあるべき姿(その2)

3. 6Gの技術的課題と国内研究開発状況 次に、6Gの周波数帯である300GHz帯(サブテラヘルツ波/テラヘルツ波)を利活用する上での技術的課題を述べる。300GHz帯について、シャノンの定理からシャノン限界を考える。シ […]続きを読む

6Gが切り拓く2030年の未来と技術開発体制のあるべき姿(その1)

1. はじめに 移動通信システムの世界では10年ごとに新しい通信システムが生み出されており、現時点(2021年)で「超高速/大容量(eMBB):最高伝送速度10Gbps」、「超低遅延(URLLC):1msec程度の遅延」 […]続きを読む

【連載:IT哲学のススメ】その6 林が考えるIT哲学モデル 技術マネジメントの考え方

筆者が考えるプロジェクトの構成要素(エンティティ)は、プロジェクト、フェーズ、タスク、インプット、アウトプット、テクニック、ガイドライン、ツールなどである。 これらは、どのような関係になるのだろうか? プロジェクトの実行 […]続きを読む

『プロマネが惑わされるプロジェクトの落とし穴 第5回』プロジェクトマネジメントは難しい?

プロジェクトマネジメントは難しい? これまでお伝えしてきました、「プロマネが惑わされるプロジェクトの落とし穴シリーズ」も最終回になりました。第1回から第4回にかけて、私のプロジェクトマネージャとしての経験や、プロジェクト […]続きを読む

【連載:IT哲学のススメ】その5 林が考えるIT哲学モデル 組織運営の考え方

今回は、IT哲学モデル・組織運営の考え方について具体的な解説をする。 企業の設立動機(夢や関心事)から、その企業の事業の方向性やシナリオが決まり、理念や行動指針が決定し、組織が創られる。そして企業のシナリオに沿って、組織 […]続きを読む

DXの成功はどうやって評価すればいいの?

DX成功はどうやって評価すればいいの? こんにちは。アイ・ティ・イノベーションの能登原です。 第5回目の最終回は、『DXの価値・評価』について述べたいと思います。 QDXの成功はどうやって評価すればいいの? A DXと言 […]続きを読む

【連載:IT哲学のススメ】その4 林が考えるIT企業

さて、今回は、私の考えている成功する企業について、IT企業を例にとって一緒に考えてみよう。 企業の使命と戦略は、極めて重要であることは、すでにその3までのブログで繰り返し述べている。 ほとんどの企業では、その企業の開始時 […]続きを読む

エンタープライズアーキテクチャとは(3) -DXのマスタープラン-

ここまで2回にわたってエンタープライズアーキテクチャ(以下、EA)とは何かを語ってきました。EAとはひとことで言えば、「企業全体の構成要素の可視化と、その移行計画を定めるもの」です。さて、前々回コラムの冒頭で、“変革の時 […]続きを読む
【無料】第3回AI / Analyticsカンファレンス(2月15日)
間違いだらけのAI導入
無料カンファレンス詳細
【無料】第3回AI / Analyticsカンファレンス(2月15日)
間違いだらけのAI導入
無料フォーラム詳細