ホーム > ブログ > ITアーキテクトの視点・論点

松井 淳

1990年よりシステムインテグレータにて、製造業、小売業、半導体など様々な業種のシステム開発に従事。レガシーからオープンに渡る幅広い技術と、企画から運用に至るシステムライフサイクルでの経験を有するオールラウンドアーキテクトとして、数多くの大規模プロジェクトを技術面で主導。
2019年からアイ・ティ・イノベーションにてコンサルティング活動を開始。
BA(ビジネスアナリシス)・PM/PGM(プロジェクト・プログラムマネジメント)と一体となったアーキテクチャ活動を実践すべく、アーキテクト道を邁進中!信条は「ステークホルダとの協調が企業変革を成功に導く」。

Iasa日本支部理事
PMI日本支部会員、IIBA日本支部会員
ITコーディネータ協会会員