DX(デジタルトランスフォーメーション)推進コンサルティング 株式会社アイ・ティ・イノベーション

menuclear
ホーム > 方法論・ツール > プロジェクト・マネジメント方法論

Modus PM

プロジェクト・マネジメント方法論

Modus PM

システム開発プロジェクトを効率かつ円滑に推進するためには、マネジメントのための基準書が必要不可欠です。しかし、この基準書を最初から作成するには、大変な労力とコストがかかります。
アイ・ティ・イノベーションのModus PMは、国際的なプロジェクトマネジメント標準であるPMBOKをベースに、システム開発プロジェクトのマネジメントに 必要なプロセスを編成しています。プロジェクトマネジメントの標準化や可視化、効率化に大きな力を発揮します。


構成
プロジェクトマネジメント方法論
  1. 概論
  2. プロジェクトマネジメント標準タスクの説明
  3. チェックシート
プロジェクトマネジメントのテクニック
  • タイムボックス管理技法
  • 反復管理
  • ユーザーワークショップ技法
  • 参考文献
ガイドライン
  • 進捗管理ガイドライン
  • 変更進捗ガイドライン
  • リスク管理ガイドライン
  • 品質管理ガイドライン
  • 構成管理ガイドライン
  • 外部委託管理ガイドライン
  • 複数プロジェクト管理ガイドライン
  • プロジェクト情報公開ガイドライン
プロジェクトマネジメント成果物
  • プロジェクト計画書
  • プロジェクト完了報告書
  • システム導入後レビュー書
成果物テンプレート
  • 制約事項一覧
  • プロジェクト成果物リスト
  • 標準化体系ガイドライン(サンプル)
  • プロジェクト体制
  • 大規模プロジェクト体制
  • RFP
  • プロジェクト必要資源
  • プロジェクトスケジュール
  • 品質目標設定の事例
  • 品質保証計画概要の事例
  • リスク一覧表
  • 実績工数集計
  • 問題課題一覧事例
  • 仕様変更依頼書
  • 変更管理台帳
  • プロジェクト計画書変更依頼書
  • 開発システムの評価
  • プロジェクト管理の評価
特徴
  • アイ・ティ・イノベーションが長年培った経験・実績に基づき、システム開発プロジェクトで必要なマネジメントプロセスを定義
  • 国際的なプロジェクトマネジメント標準のPMBOKのプロセス群(立上げ、計画、実行、監視コントロール、終結)の体系に準拠
  • 進捗管理、品質管理、リスク管理など、各管理要素毎に詳細な管理方法や勘所・ポイントを別途ガイドラインとして用意
  • 実プロジェクトで即利用可能な管理帳票・テンプレートも充実
ModusPM導入のメリット
  • 個別プロジェクトを効率的かつ円滑に管理し、担当者間の認識のギャップを埋めることが可能
  • 体系的なフレームワークが提供され、個⼈の能⼒への依存が少ないプロジェクトマネジメントが可能
  • プロジェクト外部からの可視化を容易にし、全社的なプロジェクトの「⾒える状態」を実現
  • テンプレートやサンプルを使い、ドキュメントワークの負荷を削減
abstract-gf45affe96_1920
第37回
ITI Forum2024
一歩先へいく未来へ

3月7日(木) 14:30~16:50

会場・オンラインのハイブリッド開催

PM-waigaya
PM-WaiGaya
コンサルタントのトーク動画
PM Weekly Talk
PM Weekly Talk
コンサルタントが語る「PMBOK®12 の原理・原則」