DX(デジタルトランスフォーメーション)推進コンサルティング 株式会社アイ・ティ・イノベーション

menuclear
ホーム > AI導入・ビッグデータ分析支援

AI導入・ビッグデータ分析支援

「世界最先端」のデジタルテクノロジーとその実績を
高いコストパフォーマンスでご提供
AI Implementation /BigData Analysis support

せっかくのアイデア、無駄になっていませんか?

デジタル技術の進化に伴い、これまで処理が難しかった画像や映像、音声、SNSといったデータを活用し、独創的なサービスを生み出したり、ビジネスモデルや業務を変革したりといった、競争力アップのための取り組みが多くの企業で進められています。そのような開発プロジェクトでは、既存の事業や業務の延長線上ではない、新たな事業への取り組みとなることから、それに適合したモデルが必要となります。しかし必要となる技術やモデルの適合には不確実性を伴うため、リスク排除を目的として事前に技術調査や概念実[PoC;Proof of Concept(プルーフ・オブ・コンセプト)]を行うことが重要になります。

通常のITシステム構築とは大きく異なり、AIシステム開発において中核となるのは、質の良い大量のデータと、機械学習を使ったモデル(アルゴリズム)の構築です。アルゴリズムの種類は無数にありますが、AIシステム開発においては、主に分類、回帰、クラスタリング、次元削減、異常検知の5つのカテゴリーに分けられます。そのなかから企業はAI導入の目的や課題解決に対応できるものを選んでいきます。

AI導入には先端技術の豊富な知識とノウハウが必要となるため、社内での実施が難しい場合、必然的に外部に頼ることになりますが、以下の問題などにより、結局実導入に結びつかないケースも多く見られます。
  • 期待していた程の技術力がなかった
  • 費用が高すぎるため断念した
  • 自社ビジネスの理解不足により効果が出なかった
  • 思ったほどモデルの精度が出なかった
アイ・ティ・イノベーションでは、“様々なビジネス領域の経験とこれまでのAI研究開発で培った先進デジタル技術の知見を持つコンサルタント”が、“世界最先端のテクノロジーを保有するインドの研究者”と連携し、お客様の企業価値向上につながるAI導入・ビッグデータ分析支援サービスをリーズナブルな費用で提供しています。

お悩み・課題

このような課題でお悩みではありませんか?
  • AI活用のアイデアの実現性を検証せよと言われたけど、
    経験もないし具体的にどうやって進めれば良いのかイマイチ分からない・・・
    うまく進められるのだろうか?

  • PoCを実施することになったけど、技術的に自社要員でだけでは難しそうだな。
    外部の協力を得たいけど、どこに相談すべきか分からない・・・

  • PoCを実施することになったけど、技術的に自社要員でだけでは難しそうだな。
    外部の協力を得たいけど、どこに相談すべきか分からない・・・

  • このアイデア、世界最先端の技術を使えば実現できるかも知れないけど、
    かといってシリコンバレーまで要員を派遣して調査・検証するとなると、
    敷居も高いし相当なコストが必要になるな・・・

  • 外部にPoCをお願いしてみたけど、業務の話はほとんどなくて技術的な話ばかり・・・
    このままで本当にビジネスとしての成果が出るのだろうか・・・

  • 外部にPoCをお願いしてみたけど、業務の話はほとんどなくて技術的な話ばかり・・・
    このままで本当にビジネスとしての成果が出るのだろうか・・・

  • いつもお世話になっているシステム会社にPoCの相談をしたのはいいけど、
    思いのほか見積金額が高かった。ここで諦めるしかないか・・・

  • AIの精度がイマイチ悪いな・・・教師データに問題がありそうだけど、
    どうやってデータセットを作れば品質を上げることができるのだろう

  • AIの精度がイマイチ悪いな・・・教師データに問題がありそうだけど、
    どうやってデータセットを作れば品質を上げることができるのだろう

  • 最近よく特許侵害のニュース見るよね・・・
    AIを活用した新サービスを展開しようとしているけど、大丈夫だろうか?

アイ・ティ・イノベーションにお任せください!
サービスMENUと概要
モデル(アルゴリズム)開発/PoC

AIの本番導入に先んじて、モデル(アルゴリズム)を試験的に構築し、小規模なプロトタイプとして開発し、その有効性・実現性について調査・検証を行います。AIシステム開発では、通常のシステム開発と違い、仮説を立てそれに基づいてモデルを作り、データを使って仮説を検証するという流れとなるため、PoC(Proof of Concept)が必要です。

データ収集やモデリング・PoC工程の時点で進捗遅延やコスト超過を引き起こしたり、あるいはAIシステム構築後も思うような結果が得られないという失敗例も少なくありません。その多くは「ビジネス理解」や「データ分析」が不十分であることが原因となっています。当社では「CRISP-DM(Cross Industry Standard Process for Data Mining)」方法論によるプロセスをモデル開発/PoCに適用し、ビジネス上の目標・目的や、存在するデータを理解しながら評価を繰り返すことで、適切な結果へと結びつけます。

技術調査

お客様の製品・技術開発に有益となる技術情報を調査し、活用方法や留意点をレポートとして取りまとめて提示します。国内外のネットワークを活用した信頼性の高い世界最先端の情報を提供いたします。

特許クリアランス調査(侵害調査)

特許調査は開発工程での実施が一般的ですが、当社ではモデル開発やPoCの結果を、システム開発に入る前に、国内外の他社が保有する特許に対して、権利侵害するなど障害が無いことを確認するクリアランス調査サービスを提供いたします。

アノテーション

機械学習や深層学習などAIを用いた完成度の高いモデル(アルゴリズム)を作ることは出来ても、学習させる教師データの質が低いと、高精度・高性能なシステムを実現することはできません。
当社ではAI活用に必須となる高品質な教師データをAIエンジニアの管理、監修のもとで、ご利用になるモデルに最適なデータ作成いたします。
データ作成において、データの収集や3DCGを用いた対応や、独自のアノテーションツールを作成するなど品質と精度の妥協せぬサービスを提供しています。

技術ポートフォリオ
AIシステムの導入では以下の一連の活動を通じ、アイデアの実現や課題解決を図ることになります。
  • 対象となるビジネス領域(Domain)の動向や特性を理解
  • 利用可能なデータ(Data)を収集
  • 様々な分析手法(Analytics)を組み合わせて駆使し、最適なモデル・データを構築・検証
当社では、主に以下のビジネス領域/データ/分析手法に対応した支援サービスを提供しています。


サービスの特徴
AI導入・ビッグデータ分析支援の3つの特長
1.世界最先端の技術力と実績

最新デジタルテクノロジーの導入を成功させるためには、企業価値向上のためにDXを通じて実現したいことを、達成すべきレベル感を含めて明確にゴール設定することが重要です。これまでのAI研究開発で培った経験と幅広いデジタル技術の知見を持ったAIエンジニアが、お客様の利用目的、適用モデルを理解し、AI導入の開発プロセスに対応したサービスを提供しています。


【太田 明宏(高度先端技術部 部長)】

トヨタ自動車株式会社技術情報システム部、株式会社東芝でITアーキテクト、データベース技術者として従事。プロフィール


2.DXへの取り組みをトータルにサポート

研究開発活動だけではなく、当社ではDX戦略の定義や新たな事業/サービスの構想・企画を策定するためのコンサルティングや、研修によるDX人材育成の支援も行っております。
これらのサービスを組み合わせ、効果的なDXへの取り組みをトータルにサポートすることが可能です。

→DXコンサルティングサービスの詳細はコチラ
3.高いコストパフォーマンス

当社はインドに子会社があり、日本だけでなくIT産業先進国のインドを中心とした海外リソースも有効活用することで、高い技術力の提供と高いコストパフォーマンスを実現します。インドIT業界はシリコンバレー企業とともに成長しており、日本国内と比較し、AI、ビッグデータ、IoT、ブロックチェーンといった世界最先端の技術を習得するスピードは圧倒的に速く、DX先進国として確立されています。

→IT innovation Indiaの詳細はコチラ(英語)

実績・お客様の声

研究開発事例(コンピュータビジョン、ロボティクス領域)
お客様の声

最新の知見と高いスキルに満足 AIやビッグデータに関する最新の知見を有するアイ・ティ・イノベーションに依頼しました。担当者のスキルも高く、結果に非常に満足しています(電機:技術調査、モデル開発/PoC、アノテーション)

最新の知見と高いスキルに満足 AIやビッグデータに関する最新の知見を有するアイ・ティ・イノベーションに依頼しました。担当者のスキルも高く、結果に非常に満足しています(電機:技術調査、モデル開発/PoC、アノテーション)

[無料研修:9/21(火)]IoTシステムにおけるデータ基盤
GridDBアーキテクチャとハンズオントレーニング
無料研修の詳細はこちら
[無料研修:9月21日(火)]IoTシステムにおけるデータ基盤
GridDBアーキテクチャとハンズオントレーニング
詳細はこちら