DX(デジタルトランスフォーメーション)推進コンサルティング 株式会社アイ・ティ・イノベーション

menuclear
ホーム > ブログ > 林衛の記事一覧 > 「人間を考える」を読んで ~松下幸之助が到達した哲学に学ぶ その2 宇宙というもの~


「人間を考える」を読んで ~松下幸之助が到達した哲学に学ぶ その2 宇宙というもの~

Pocket

今回は、松下哲学の入り口となっている「宇宙というもの」「宇宙と人間の関係」について解説していこう。

松下幸之助は、宇宙の本質について、なぜ明確にしたかったのだろうか?
それは、人間の本質を知るために、何が根源にあるかを追求し、何をはっきりさせれば良いか深く考えた結果である。人間の根源・発生を知るためには、「宇宙とは何か」を明らかにすることが、出発点になると判断したのだ。

宇宙の本質を知ること
宇宙はいかなるものであるか。正しい宇宙観を持つことは、人間を考える上で、なぜ大切なのだろうか?
その理由は、人間と万物の一切を含めた宇宙全体が、どのようになっているのかを正しく理解し、その上で宇宙全体に働いている法則をはっきりさせることが、人間の理解に至る原点にあると考えたからだ。

松下哲学が行き着いた先は、宇宙は常に生成し、絶えず発展しているという宇宙の本質的な姿であり、それが、私たち人間が住んでいる地球の営みを作っているという考えだった。

宇宙に存在している一切のものは、常に生成し発展している。万物は、鉱物などの無機物であっても、動植物などでも、俯瞰的に見ると同様の原理が働くと考えられる。短い時間的な視点では、生を受け成長し、寿命が来て死が訪れる。また、衰退や崩壊も短い時間単位では発生するが、遥かに長い時間で見れば、継続的な生成、発展は共通の宇宙の原理であると結論付けたのだ。

形なりの現象では、変化、衰退であっても大きく長久の観点に立って本質を見るならばすべての現象を含み ”生成発展”が、宇宙の本質であると言える。

この考え方は、松下幸之助が思い込みや前提を置かず、本当に真面目に基本の基本から物事の本質・原理を追求する哲学者であることをよく示している。ビジネスやITに長く携わっている私も、何事についても本質から考えていけば哲学に行き着くと確信している。“哲学をする”ことにより本質的な視野を得ることができると信じている。

宇宙と人間の関係
では、“人間とういもの”をどのように考えていけば良いのだろうか?まさに、宇宙、地球の中で生きている人間は、そもそも正しく宇宙の法則を知り、本質・天命を知って、“正しい人間観”を打ち立てて行く必要がある。正しい人間観を持たないと、人間は様々なことでぶれる。ぶれないで生きるためには、正しい人間観が重要であると松下哲学では説いている。

宇宙が理解できたのなら、宇宙と人間の関係を考えよう。宇宙の本質に基づく「人間の本質」は、どう考えたらよいのだろうか?

人間は、他の生物とどのような違いがあるのだろうか?松下幸之助は、以下のように考えた。

結論は、「人間は初めから他の生物とは異なった、人間としての独自の本質をもって地球上に発生した」と考えた。そして、人間の本質は、「万物一切を支配活用する王者としての素質を発生当初から与えられた」と考えた。ここには、松下幸之助自身が経験した宗教観、倫理観、人生観が含まれているが、実際に人間だけが他の動植物とは違う特性を生まれ持っていることは事実である。これは、人間の他の万物一切から区別する本質であるとした。

人間は、宇宙の本質を理解した上で、自らの知恵の働きにより、生成発展しつつある万物と、それを動かしている自然の理法を逐次認識していくことができる本質を持っている。さらに進んでは、宇宙、自然の理法に従って万物一切を自らの生活の上に生かして活用することによって、広く共同生活を高め、物心一如の調和のある繁栄を招来することもできるのが人間である。これは、人間だけがなしうる偉大な業(わざ)であると考えた。

松下幸之助の宇宙観や人間観の基軸になるのは、まさに近年、世界的な活動になっているESGやSDGsの概念を数十年前から先取りしている。また、地球上の万物一切を環境に配慮しながら、そして自然の理法を守りながら活用する優しさを感じ取ることができる。人間が王者である理由は、地球の自然体を守っていく使命があるからである。松下幸之助は、環境を顧みない営利主義の大量生産時代前から人間はどうあるべきかを見抜いていた。改めてその偉大さには驚かざるを得ない。

次号は、人間の天命とそれを生かす道について解説する。

※ESG(Environment, Social, Governance):環境、社会、統制
※SDGs(Social, Development, Goals):持続可能な開発目標


| 目次
Pocket

採用情報
PM-waigaya
PM-WaiGaya
コンサルタントのトーク動画
PM Weekly Talk
PM Weekly Talk
コンサルタントが語る「PMBOK®12 の原理・原則」

Profileプロフィール

Avatar photo
林衛
IT戦略とプロジェクトマネジメントを中核にITビジネスのコンサルティングを行うアイ・ティ・イノベーションのファウンダーであり社長を務める。◆コンサルの実践を積みながら英米のIT企業とかかわる中で先端的な方法論と技術を学び、コンサルティング力に磨きをかけてきた。技術にも人間にも精通するPM界のグランドマスター的存在。◆Modusアカデミー講師。ドラッカー学会会員、名古屋工業大学・東京工業大学などの大学の講師を勤める。

Recent Entries最近の記事