ホーム > トピックス > イベント > <終了しました>ITIフォーラム2019 in 名古屋 7月3日(水)に開催致します!


<終了しました>ITIフォーラム2019 in 名古屋 7月3日(水)に開催致します!

Pocket

主催:株式会社アイ・ティ・イノベーション
後援:PMI日本支部、IIBA日本支部、ESD21、Iasa日本支部、DAMA日本支部

icon_note3概 要

デジタルトランスフォーメーション(DX)が急速に進み、IoTやAI、ビッグデータ分析、ソーシャル、モバイルなど、従来のエンタープライズITにはなかった新しい技術がキーテクノロジーとなっています。
今後、企業が成功を収めるためには、こうしたテクノロジーを使いこなせる人材を採用し、適切な部署に配置するほか、ITリテラシーを向上させる研修プログラムを導入するなど「Human Resource」分野の変革が必要です。

今回の名古屋フォーラムでは、
『デジタルトランスフォーメーションによる変化の時代!AI、IoTの活用と組織のあり方について』と題して、こうした時代に余儀なくされる事業変革やAI、IoTの活用事例、これからの組織に求められているダイバーシティ、働き方についてご紹介します。

ITIフォーラム2019 in 名古屋のお申し込みは終了いたしました
時間 摘要 概要
13:30~14:00 受付  
14:00~14:15 ご挨拶 株式会社アイ・ティ・イノベーション
代表取締役 林 衛
14:15~15:15 特別講演 組織の活性化戦略としての男女共同参画のすすめ
名古屋大学 副理事
男女共同参画センター長 生命農学研究科教授
束村 博子 様
15:15~15:30 休憩  
15:30~16:20 講演 高まるデジタルトランスフォーメーション対応
-確実なコンセプト検証-

株式会社アイ・ティ・イノベーション
グローバルビジネス部 部長 太田 明宏
16:20~16:35 休憩  
16:35~17:35 事例紹介 お客様サービスを変革するヤンマーのグローバルIoT戦略
A SUSTAINABLE FUTURE -テクノロジーで、新しい豊かさへ。-

ヤンマー情報システムサービス株式会社
代表取締役社長 國枝 誠 様
DX技術推進部 グループ長 中村 圭志 様
17:35~17:45 ご挨拶 株式会社アイ・ティ・イノベーション
取締役 兼 専務執行役員 能登原 伸二
17:45~18:00 ご移動  
18:00~19:30   情報交換会(名鉄グランドホテル内)
参加費

セミナー:無料
情報交換会:有料 5,000円(税込)

  • ◆ 情報交換会参加費のお支払いについて ◆
  • お申込時にお客様が登録されました ご住所・会社名・お名前宛てに請求書を郵送しますので、銀行振込にてお支払い下さい。
  • お支払いになりました参加費はご返金できませんので、代理の方などがご出席ください。
  • 尚、当日会場でのお支払いはできませんのであらかじめご了承ください。
会場案内

名鉄グランドホテル 柏の間
〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅一丁目2番4号
名古屋駅前 名鉄バスターミナルビル 11F~18F
・ JR:新幹線・在来線「JR名古屋」駅下車
・ 私鉄:名鉄「名鉄名古屋」駅下車、近鉄「近鉄名古屋」駅下車
・ 名古屋市営地下鉄:東山線・桜通線「名古屋」駅下車

持ち物

お名刺1枚 (情報交換会に参加される方は、2枚)、筆記用具

講演概要および講演者プロフィール

お客様サービスを変革するヤンマーのグローバルIoT戦略
A SUSTAINABLE FUTURE -テクノロジーで、新しい豊かさへ。-

 ITシステムの「2025年の崖」というキーワードが叫ばれる中、情報システム部門として、各社でDX(デジタルトランスフォーメーション)の実現に向けて取組み始めている、あるいは取組みを検討している段階ではないかと推測する。しかしながら、PoCが繰り返されるものの、ビジネスの改革に繋がらないといったケースも多いと認識している。一方レガシー化した既存システムについては、今後大きな課題であり、コンテナ化などのアプリケーション開発基盤の利用や、アジャイル手法、ドメイン駆動設計(DDD)などの新しい開発手法の採用によって、よりビジネススピードに合わせた、システム開発にも取り組まなければならない。そこで、ヤンマーで取り組んできたグローバルIT戦略やDXの取組みについて、事例を交えご紹介したい。

アジェンダ(仮)
(1)会社紹介
(2)YANMAR PREMIUM BRAND PROJECT
(3)グローバルIT戦略の考え方
(4)これまでに取り組んできたIT施策
(5)次世代テクノロジーを利用した新しい価値提供
(6)DX実現に向けた取組み

ヤンマー情報システムサービス株式会社
代表取締役社長 國枝 誠 様

大学卒業後、1985年松下電器産業株式会社に入社。その後、中国・北東アジアIT責任者として約8年間中国在住。2012年12月退社し、翌年2013年4月に、ヤンマー情報システムサービス㈱へ入社。グローバルIT戦略部、経営企画部部長を歴任し、2018年10月社長に就任。

ヤンマー情報システムサービス株式会社
DX技術推進部 グループ長 中村 圭志 様

大学卒業後、1999年ヤンマー情報システムサービス株式会社へ入社。ヤンマー小形事業本部やヤンマー中央研究所での社内ITサポート業務を歴任後、2011年にSMARTASSIST開発チームに異動。2017年2月にデジタル化を推進する専門部署設立に伴いグループ長として現在に至る。

組織の活性化戦略としての男女共同参画のすすめ

性別によらず全ての人がイキイキと活躍する組織は、社会からの多様なニーズや社会変化に対応可能な柔軟性を発揮できる。日本では他の先進諸国に比べて女性の活躍が極めて限定的であるが、これを「伸びしろ」と捉え、組織を活性化する戦略としての「男女共同参画」の意義を考える。迫り来る超少子高齢化は、一方で「性別によらず活躍する人材を発掘する」好機でもある。個人・組織・社会がWin-Winの関係をつくることにより全ての人の「幸せ度」を上げるために、いま何が求められているか?そもそも「性」とは何か?男と女はどう違うのか?あるいは違わないのか?日本ではなぜ女性の活躍が限定的なのか?多様性(ダイバーシティ)とは何か?多様性が生む効果とは?など、さまざまな切り口で、組織を活性化するための方策を皆さんと共に考えたい。

名古屋大学 副理事
男女共同参画センター長 生命農学研究科教授
束村 博子 様

名古屋大学農学部卒、名古屋大学大学院博士課程を修了後、日本学術振興会特別研究員(DC)、米国カンサス大学医学部博士研究員、名古屋大学農学部助手、同大学院生命農学研究科准(助)教授を経て、現職。農学博士。専門は生殖科学・神経内分泌学。
現在のテーマ:哺乳類の生殖を制御する脳内メカニズム、脳の性分化メカニズム。
国内外の学会にてシンポジスト・教育講演など招待講演多数。家畜繁殖学会島村賞(1995年)、下垂体研究会吉村賞(2003年)受賞。名古屋大学において教育・研究を通じて人材育成に努める傍ら、男女共同参画担当副理事・男女共同参画センター長として女性教員比率の増加、育児と仕事の両立支援策、女子学生支援策の推進などに努め、大学、研究機関、自治体、企業等での男女共同参画推進のための講演など多数。文部科学省リーディング大学院プログラム「「ウェルビーイングinアジア」実現のための女性リーダー育成プログラム」プログラムコーディネータとしてグローバルに活躍できる女性リーダーの育成にも貢献。

高まるデジタルトランスフォーメーション対応 -確実なコンセプト検証-

 急速に発展するAI、IoTを始めとしたデジタル技術は、我々のビジネス、社会や生活に急速な勢いで変化をもたらしています。デジタル技術を活用してサービスの価値や生産性を向上させる「デジタルトランスフォーメーション」への対応が、企業盛衰に対して大きな影響を及ぼすとされています。
デジタルトランスフォーメーションへの対応、ニーズが高まる中、対応可能なエンジニアの不足や、経験・能力の不足、コスト増も大きな問題となっています。
 弊社ではお客様の業務改善や新たな価値を見出すため、潜在課題や成長シードを分析し、新サービスの創出、データの収集・分析、PoC(Proof of Concept)により実効性の検証を通じた価値創造までの一貫したサービスを弊社の子会社であるITI Indiaと連携して提供致します。

株式会社アイ・ティ・イノベーション
グローバルビジネス部 部長 太田 明宏

トヨタ自動車株式会社技術情報システム部、株式会社東芝でITアーキテクト、データベース技術者として従事。2011年からDeepLaernigを中心とした研究開発を国内外研究所・大学と共同研究を行い、技術開発、ソリューション開発を実施。基礎研究から応用研究、開発、運用とAIに幅広く関わる。
2018年8月より当社グローバルビジネス部 部長に就任。海外(インド、マレーシア、中国)でのIT研修事業を推進するとともに、インドでのR&D事業を立ち上げる。

株式会社アイ・ティ・イノベーション 代表取締役 林 衛

hayashi_f

名古屋大学工学部応用物理学科卒業
名古屋工業大学 情報工学科非常勤講師、大連東軟信息学院 客員教授。
トッパンムーア入社後、トッパン・ムーア・システムズの設立時から参画し、渡英してモデルベース開発方法論を学ぶ。インフォメーション・エンジニアリングで知られるジェームスマーチン・アンド・カンパニー・ジャパンを経て、1998年にITの革新を目指し、アイ・ティ・イノベーション社を設立。
コンサルの経験を積みながら、英米のIT企業と関わる中で、最先端な方法論と技術を学び、コンサルティング力に磨きをかけている。技術にも人間にも精通した、IT業界のオピニオンリーダー。ITとマネジメントに関する著作、書籍多数出版。

連載中のブログはコチラ ⇒ 「ITの達人」

株式会社アイ・ティ・イノベーション 取締役 兼 専務執行役員 能登原 伸二

notohara_f

名古屋工業大学情報工学科卒業(1983年3月)
株式会社ジャパンエナジー(現:JX日鉱日石エネルギー)の情報システム部門において、長年、情報システムの企画、開発、運用までの幅広い業務に携わり、ITによる業務改革、収益向上を支援してきた。
2000年7月アイ・ティ・イノベーションに入社。
現在はITベンダー、ユーザー企業の情報システム部門へのプロジェクト管理標準導入、PMO(Project Management Office)の運営、ITプロジェクトにおけるプロジェクト管理支援コンサルティングなどに加え、IT 構想・企画などの超上流工程支援、IT戦略・ビジョン策定なども幅広く手がける。
常に顧客と共に考え、行動し、成果を上げることをモットーとしている。大規模で、複雑なプロジェクト管理の専門家。
名古屋工業大学 情報工学科非常勤講師、プロジェクトマネジメント協会(PMI)会員、PMP

【著書】
「プロジェクト管理大全(共著)」(日経BP)
日経SYSTEMSにて「のとはら先生」シリーズを連載
「プロジェクトマネジメント現場マニュアル 改訂版」(日経BP)
「”勝てる”IT構想・企画(共著)」(日経BPコンサルティング)
「医療現場のプロジェクトマネジメント 」(ビジネス双書)

ITIフォーラム2019 in 名古屋のお申し込みは終了いたしました
ITIフォーラムとは?
当社がビジネス展開をしているIT業界においては、急激な社会構造やビジネス環境の変化の中で、俊敏にビジネスに役立つ情報システムを構築、改善することが求められています。それを実現するためには、その時代の環境にあった最新の技術やサービス、方法論などが必要となります。
「ITIフォーラム」は、当社のコンサルタントが実際の現場で感じたニーズや修得したノウハウを踏まえて、当社がお客様に共有し、伝えたいトピックスや事例をテーマにした講演や、ときにはパネルディスカッションを通して、ITの組織として「今やらなければいけないこと」を考えるイベントです。
2004年から、主に名古屋・東京で毎年開催し、2019年で16年目を迎えます。
Pocket

| 目次

Categoryカテゴリー