ホーム > トピックス > イベント > 「DX時代に向けた企業システムの攻めと守り」セミナー(2020年2月20日(木) 無料)を開催します!


「DX時代に向けた企業システムの攻めと守り」セミナー(2020年2月20日(木) 無料)を開催します!

Pocket

*◆ 東京での開催が好評を博した為、大阪での追加開催が決定しました!!◆*

icon_note3概 要

昨年に発表された経産省の「DXレポート(2025年の崖)」では、デジタルトランスフォーメーション(DX)への取り組みの重要性に言及し、もしDXが進まなければデジタル競争の敗者になるとの強い衝撃を与えました。
多くの企業でDX推進に向け、レガシーシステムの根本的な見直しと共に、新しいデジタル技術の採用により、事業構造の改革やビジネスモデルの転換を目指し対応に追われています。

このような課題に対して、当社は企業にとって大切な資産であるデータに着眼し、『攻め』『守り』のIT戦略をテーマに掲げ、データ利活用によるデジタルトランスフォーメーションを成功させるためのノウハウを紹介します。

本セミナーにご参加いただくことで、データ活用のベストプラクティスを学び、貴社のDX成功へのヒントを得ていただくことができます。

【 受講対象者 】
・基幹系システムの再構築(アーキテクチャの見直し)を検討されている法人・企業様
・ビジネスの転換に結びつくAIモデルを、短期間・低コストで検討されたい法人・企業様
・次期中計策定に向け検討されている法人・企業様
・上記に関心のあるユーザ企業様、IT企画担当様、SIベンダー担当者様

【 参加者の声 】
・DXについての認識、重要性を理解し、自社の課題とやるべきことを再認識しました。
・PoC、AIの導入時の留意点、DXを行う上でのフローが勉強になりました。
・DX、AIを主軸にグローバル動向や求められる人材について再確認でき、非常に刺激を受けました。
・エンタープライズ系システムの担当をしており、データHUBの話はまさに今自社が抱えた問題そのもので参考になりました。
・フリーディスカッションでは、他社のDX取り組み状況の生の声をきくことができ有意義でした。

時間 摘要 概要
14:30~15:00 受付
15:00~15:10 オープニング 取締役 兼 専務執行役員 能登原 伸二
15:10~16:00 講演 DX時代に備えて日本企業がやっておく事
ビジネステクノロジー戦略部
部長 中山 嘉之
16:00~16:10 休憩
16:10~17:00 講演 高まるデジタル・トランスフォーメーション
~恐れずに「2025年の壁」を超える~

グローバルビジネス部
部長 太田 明宏
17:00~17:30 フリーディスカッション 会場のみなさまと自由討論
17:30~17:35 クロージング
17:35~ 個別相談&
名刺交換タイム
会場案内

ブリーゼプラザ(大阪西梅田) 8階 803号室 + 804号室

〒530-0001 
大阪市北区梅田2-4-9 ブリーゼタワー8階
◆ 四つ橋線西梅田駅 → 徒歩3分  
◆ 阪神梅田駅(西改札)→ 徒歩5分
◆ JR大阪駅(桜橋口)→ 徒歩5分
◆ JR東西線北新地駅 → 徒歩5分

持ち物

筆記用具、名刺

講演概要および講演者プロフィール

DX時代に備えて日本企業がやっておく事

DX時代を迎えて、ITを活用した企業活動のあり方が大きなイノベーションを生もうとしています。一方で、大規模密結合システムを抱えた我が国の大企業においては、IT人材のスキル転換、既存システムの保守問題など、次世代へ移行する以前に解決しておかねばならない課題が山積です。
このような背景にあって、今、企業システムは旧いアーキテクチャへの決別と、柔軟で拡張性に富んだアーキテクチャへの転換を同時に進行しなければなりません。
本講演では、この課題の現実的ソリューションとして、「エンタープライズデータHUB」の実像を、データ中心でモデルドリブンな構築手法とともにお伝えします。

株式会社アイ・ティ・イノベーション
ビジネステクノロジー戦略部
部長 中山 嘉之

1982年より協和発酵工業(現、協和発酵キリン)情報システム部で30年間社内システムの構築に携わる。2005年より部門長兼ITアーキテクトとして活動し、2010年にエンタープライズ・データHubを中核とする疎結合アーキテクチャの完成に至る。
2013年1月にアイ・ティ・イノベーションに入社。近年、スパゲッティ&サイロ化した巨大システムを美しく整理されたデータ環境に徐々に移行してゆくモダナイゼーション手法を確立。
【 著書 】システム構築の大前提 ― ITアーキテクチャのセオリー」(リックテレコム)

高まるデジタル・トランスフォーメーション
~恐れずに「2025年の壁」を超える~

急速に発展するAI、IoTを始めとしたデジタル技術は、我々のビジネス、社会や生活に急速な勢いで変化をもたらしています。デジタル技術を活用してサービスの価値や生産性を向上させる「デジタルトランスフォーメーション」への対応が、企業盛衰に対して大きな影響を及ぼすとされています。
デジタルトランスフォーメーションへの対応、ニーズが高まる一方で、「うまくいっていない。」、「期待と違う」といった失敗事例も増えてきています。
弊社ではお客様の業務改善や新たな価値を見出すため、潜在課題や成長シードを分析し、新サービスの創出、データの収集・分析、PoC(Proof of Concept)により実効性の検証を通じた価値創造までの一貫したサービスを弊社の子会社であるITI Indiaと連携して提供致します。

株式会社アイ・ティ・イノベーション
グローバルビジネス部 
部長 太田 明宏

トヨタ自動車株式会社技術情報システム部、株式会社東芝でITアーキテクト、データベース技術者として従事。2011年からDeepLearningを中心とした研究開発を国内外研究所・大学と共同研究を行い、技術開発、ソリューション開発を実施。基礎研究から応用研究、開発、運用とAIに幅広く関わる。
2018年8月よりアイ・ティ・イノベーショングローバルビジネス部 部長に就任。海外(インド、マレーシア、中国)でのIT研修事業を推進するとともに、インドでのR&D事業を立ち上げる。

Pocket

| 目次

Categoryカテゴリー