ホーム > トピックス > おすすめ本 > 出版:ホスピタル Meets マーケティング -ファシリテーションで未来を創る-


出版:ホスピタル Meets マーケティング -ファシリテーションで未来を創る-

Pocket

川崎医科大学総合医療センター病院長、川崎医科大学特任教授の猶本良夫氏の医療スタッフと博報堂のスタッフが日本マーケティング学会で出会ったことがきっかけで、本書が企画され、2019年1月31日に発行されました。

ホスピタル Meets マーケティング
-ファシリテーションで未来を創る-
医療現場で、未来志向により改革を起こしたいあなたに

著者:猶本良夫、工藤美和、橋本直彦、石附洋徳、江本賢、久保田委美、住谷剛博、能登原伸二、ケイティ・アンダーソン

日本は今、世界に先駆けて、人口減少、高齢化社会等の課題に真剣に取り組まなければなりません。
それらの課題解決のために、職種や立場を超え、知恵を集約し、それぞれの事情、利害を超えた共感と理解を導く必要があり、ファシリテーション技術の向上が必須となってきます。

本書では、組織のおけるファシリテーションのあり方や意義、手法等を具体的に記述し、ファシリテーションの8要素をイラストを交えて、分かりやすく説明しています。

ファシリテーション技術を駆使して活躍する医療者、IT技術者、博報堂が、それぞれの視点で、ファシリテーションの観点をお伝えしており、「IT技術者」として、弊社 取締役 兼 専務執行役員の能登原 伸二が、「第10章 IT分野のプロジェクトにおける利用例」を著しました。

効率良く議論を進め、生産性の高いチーム、組織を作りたい方にお薦めの1冊です。

ご購入はこちら

Pocket

| 目次

Categoryカテゴリー