ホーム > ブログ > 林衛の記事一覧 > IT業界に変革の動き


IT業界に変革の動き

Pocket

IT業界は、時代の岐路に立っている。
特に、SIベンダーは、生き残りをかけて戦略を実施する段階に差し掛かっている。
昨年末あたりから利益を出せる組織と赤字体質の組織の明暗がはっきりしてきた。
今後は、統合、提携、系列化、M&Aなどが進行し、数年後には業界は様変わりをするだろう。

ソフトウェアのプロダクトベンダーについては、一足早く10年程前から統合や買収を盛んに実施してきたが、ここにきて、受託開発、アウトソーシングなどを本業とするSIベンダーも、積極的に会社を超えた生き残り策を実行に移す段階になった。

ここで重要なことは、各社の強み・弱みを認識し、生かすことである。
どれほどの組織が、自社の強み・弱みを正確に把握しているだろうか?
答えは、殆どの会社は、自社のことを分っていないばかりか、経営者が、それを知ろうともしていない。会社のカルチャ、体質は、経営者が作っていることを肝に銘じる必要がある。
経営者自らが自社の強みを理解し、身体を張って変革に取り組んだ場合だけ生き残りに成功するだろう。

当社では、40数社に対してIT組織のスキル診断を実施してきたが、明確な診断結果に基づいて積極的に変革を実施している企業が2004年ごろから何社か出てきている。変革テーマを決めて成果が顕著になるまでには2,3年かかるが着実に進めている。10年、20年かけて形成してきたカルチャが、そう簡単に変わる筈は無い。

変革のテーマには、以下のものが挙げられる。

・事業の枠組みの変革
・人事変革
・プロセス変革
・人材の育成方法変革
・技術戦略

技術戦略以前に人・組織やプロセスに関して優先度が高い場合がよくある。

変革を成功させるには、

・自社の状況を正確に知り、経営者と幹部が、納得すること
・変革テーマは、半年単位で分りやすいものを選び、確実に取り組む
・テーマには、しつこく、しぶとく取り組み、例外を認めないこと
・変革を振返り、成果と問題点を明らかにすること

継続的な改善のカルチャ構築こそが、組織の最終形である。

Pocket

| 目次

Profileプロフィール

林衛
林衛
IT戦略とプロジェクトマネジメントを中核にITビジネスのコンサルティングを行うアイ・ティ・イノベーションのファウンダーであり社長を務める。◆コンサルの実践を積みながら英米のIT企業とかかわる中で先端的な方法論と技術を学び、コンサルティング力に磨きをかけてきた。技術にも人間にも精通するPM界のグランドマスター的存在。◆Modusアカデミー講師。ドラッカー学会会員、名古屋工業大学・東京工業大学などの大学の講師を勤める。

Recent Entries最近の記事

このページのトップへ