DX(デジタルトランスフォーメーション)推進コンサルティング 株式会社アイ・ティ・イノベーション

menuclear
ホーム > ブログ > 能登原 伸二の記事一覧 > なぜDX(デジタルトランスフォーメーション)を進めなければならないのか?


なぜDX(デジタルトランスフォーメーション)を進めなければならないのか?

Pocket

なぜDXを進めなければならないのか?

こんにちは。アイ・ティ・イノベーション能登原です。

前回、DX(デジタルトランスフォーメーション)の定義について説明しましたが、今回は、なぜDXを進めなければならないのか、ということに関して述べたいと思います。

Qなぜ、DXを推進しないといけないの?

A前回、組織全体の情報をデジタル化することで、圧倒的な生産性向上を図ったり、組織の中に蓄積されたビックデータを利用して事業を創出する、ということが、企業の生き残りに取って必須と述べました。

しかし、なぜ?と疑問に思う方も多いと思います。自分たちの業種・業態で扱うサービスや製品が、直接デジタル技術に関係するわけでもないし、ここ5〜10年は今のままでも大丈夫、と考える方も多いように思います。
企業の目的は顧客の創造ですが、存続するために収益を上げ続けなければなりません。
顧客が自社の製品やサービスを継続して購入してもらう必要があります。

そのためには、顧客に対して価値を提供し続けなければなりません。立ち止まっていると新鮮味がなくなり、競合との競争ですぐに陳腐化してしまいます。顧客が「ここが不便で困っている」や「このようなサービスがあればいいな」と思うことは、際限なく湧き出てきます。人間の欲求は尽きないので、立ち止まることはできません。

企業存続のために顧客価値を継続的に提供し続けなければいけない宿命の中にあって、もちろんビジネスモデルが秀逸であることは大切ですが、最新のデジタル技術やAIを利用することで、劇的に顧客価値を高める可能性を秘めていることは明らかです。

GAFAに代表されるプラットフォーマーは、最新のデジタル技術を利用して、顧客価値の高いサービスを提供し、顧客を創造しました。そして、その進化はますます加速しています。
今後、全ての企業や組織は、顧客を創造するために、DXの推進を避けて通ることはできないということだと思います。

| 目次
Pocket

採用情報

Profileプロフィール

能登原 伸二
■株式会社アイ・ティ・イノベーション 取締役 兼 専務執行役員 ■株式会社ジャパンエナジーの情報システム部門において、長年、情報システムの企画、開発、運用までの幅広い業務に携わり、ITによる業務改革、収益向上を支援してきた。また、その実務を経験する中で、システム開発における開発方法面の必要性を認識し、C/S向け開発方法論の制定、導入を推進。常に顧客と共に考え、行動し、成果を上げることをモットーとしている。

Recent Entries最近の記事

[無料セミナー]8月27日(金)開催
AI/Analytics カンファレンス 間違いだらけのAI導入 失敗から生まれる目からウロコのAI活用
詳細はこちら
[無料セミナー]8月27日(金)開催
AI/Analytics カンファレンス 間違いだらけのAI導入 失敗から生まれる目からウロコのAI活用
詳細はこちら