ホーム > ブログ > 関口 真弓の記事一覧 > 【異文化理解】インド式ペットボトルの飲み方


【異文化理解】インド式ペットボトルの飲み方

Pocket

インドでのペットボトル飲料の飲み方を初めて目にするとビックリするかもしれません。顔を上げ、口を開いて、ペットボトルに口を付けないようにしながら、上から流し込みます。

この飲み方、日本のネット上では、「インド飲み」と言われているようです。

私は、初めてインドに行ったとき、この飲み方を見て、インドもそうなんだ~とは思いましたが、驚きはしませんでした。別の国の友人がよくこの飲み方をしていたからです。

それは韓国。日本では4人いたら、ペットボトルを4本買うと思いますが、韓国では今必要な分だけ買ってそれを分けます。韓国はなんでも仲良くシェアする文化があるので、ペットボトルも同じようにシェアするようになったのかもしれません。でも口はつけません。絶対口を付けないというわけではないそうですが、一応気を遣ってこの飲み方をすると友人は言っていました。

ではなぜインドではこの飲み方をするのか?

  • インドでは、宗教上、「人が口を付けたものに、口をつけない」という考えを持っているそうです。
  • インドは暑い国なので、「菌が繁殖するのを防ぐため」ということもあるようです。
  • そして、「水は貴重なので、みんなで共有する」という考えがあるようです。

インドに行く際は、この飲み方の練習をしておいてもいいかもしれませんね!

 

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
アイ・ティ・イノベーションでは、グローバル・DX人材育成研修を提供しております。
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

■ ITIが提供するグローバルAI実践(テクニカル)研修の詳細はこちら

■ その他の海外研修の詳細はこちら

■ DX事業の詳細はこちら

| 目次
Pocket