ホーム > ブログ > 関口 真弓の記事一覧 > 海外研修のパートナー「大連東軟信息学院」よりマスクを寄贈いただきました。


海外研修のパートナー「大連東軟信息学院」よりマスクを寄贈いただきました。

Pocket

新型コロナウイルスにより、まだまだ予断を許さない状況が続く中、日本ではまだマスクが入手しにくいという状況を心配して、弊社と長年交流のある大連東軟信息学院が、マスクを送ってくださいました。

届いた段ボールにはメッセージが貼られていました。

千言万語 惟愿安康
「たくさん伝えたいことはあるけれど、ただ貴方の健康と無事を一番に願っています」

そして、日本語で夏目漱石の句も添えられていました。
「春雨や身をすり寄せて一つ傘」(一つの傘で身を寄せ合って春雨を乗り切ろう)

 

国際教育学院の張副院長から、温かいメッセージもいただきました。

「本学は御社の皆様のご健康と安全に深く憂慮しており、皆様のご無事を心よりお祈り申し上げたいと思います。皆様の日常生活を守るべくお役に立てればと願い、微力かつ些少ではありますがマスクを寄贈させて頂きます。関係者の皆様にご使用頂ければ幸甚でございます。」

ありがとうございます。感染予防のために、大切に使わせていただきます。

大連東軟信息学院でも、学生さんはまだまだ登校できない状況だそうですが、オンライン授業や各業務は安定的に進み始めているそうです。

皆さん、それぞれの立場や状況で大変な時期を過ごしていると思いますが、みんなで協力しあって、思いやって、この事態を乗り越えましょう!

 
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
アイ・ティ・イノベーションでは、グローバル・DX人材育成研修を提供しております。
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+


| 目次
Pocket