ホーム > 国内研修 > ITアーキテクチャ > ITアーキテクチャ・デザイン実践

ITアーキテクチャ・デザイン実践
~ビジネスモデルに即したアーキテクチャとは~

1日間 中・上級レベル

概要

ユーザーニーズに基づく相次ぐシステム化で、近年のシステムは巨大化、複雑化しています。その結果、ITがスピーディーな経営を妨げたり、ITコストが利益を逼迫させている例は少なくありません。情報システムがROIに貢献するためには何に注力したら良いのでしょうか?
本研修では、ビジネスモデルに基づいたITアーキテクチャの青写真を描く方法、TOBEモデルにめがけた段階的モダナイゼーション計画について学びます。ケーススタディをもとに、グループワーク形式で体得します。

期間1日間
開始終了時刻09:30-17:30
PDUPDUの対象ではございません
CDUCDUの対象ではございません
オープンコース受講料60,000円(税別)
テキスト代5,000円(税別)
主な学習項目
  • ビジネス戦略とIT戦略のリンク
  • ITアーキテクチャのデザイン
  • スケッチの手段
  • モダナイゼーション(移行)
  • IT投資ロードマップ作成のワークショップ
到達目標
  • ITアーキテクチャの重要性を理解する
  • ビジネスからアーキテクチャへの落とし込みができる
対象者
  • IT戦略企画担当
  • ITアーキテクトを目指す人
  • あるべきシステムの企画・設計ができるようになりたいと思われている方
前提条件
  • ITの構想・企画や開発・運用に関わった経験があること
修了条件
  • 原則として遅刻/退席は認められていません。遅刻/退席の場合は、規定の修了証を発行できない場合がありますので、ご注意ください。
  • やむを得ない事情で遅刻/退席する場合は、遅刻/退席すること、および退席から復帰する旨を、講師または研修事務局にご連絡ください。
備考

※ 事前課題があります。

受講者の声
  • 実体験を交えた説明が分かりやすかった。どこの企業システムでも持っている課題へのヒントが多く、参考になった。
  • 一日、EAの考え方を学習できました。
  • EAとはどういうものなのか、演習を通じてイメージをつかむことができました。
  • 今までアーキテクトと言うとIT技術に片寄ったイメージでしたが、ビジネスの視点からの設計ということで認識を新たにしました。
  • グループ内企業におけるIT戦略策定に役立つ。