ホーム > 国内研修 > プロジェクトマネジメント > 大規模プロジェクトの計画立案

大規模プロジェクトの計画立案
~提案活動段階でのアプローチ~

2日間 16PDU (Technical) 中・上級レベル

概要

大規模プロジェクトは、ひとたび始まれば、マスターとして合意された計画を簡単には変更できません。通常のプロジェクト以上に、計画立案が重要です。また、どんなに優秀なマネージャでも、一人で全部を担うことはできず、提案活動段階からステークホルダー(自組織や顧客)と検討・交渉しながら進めることが求められます。
本研修では、大規模プロジェクトの提案活動時点から考慮すべき事項、及び大規模プロジェクトならではの計画立案時の留意点、押さえておくべきポイントを学びます。全体リスク、個別リスクを十分に洗い出し対策を施すこと、実現可能かつ妥当な期間・要員を見積りながらマスタースケジュールや体制を策定することを、演習を通して理解・体得します。

期間2日間
開始終了時刻09:00-18:00
PDU16PDU (Technical)
CDUCDUの対象ではございません
オープンコース受講料120,000円(税別)
テキスト代5,000円(税別)
主な学習項目
  • 大規模プロジェクトの特徴
  • 提案活動のプロセス
  • プロジェクト基本計画の作成
  • リスク対応計画の作成
  • リスク対策の計画への反映
  • 見積り
到達目標
  • 大規模プロジェクトにおけるリスクを洗い出し、対応計画が立案できる
  • 大規模プロジェクトに要する期間・要員を的確に見積り、マスタースケジュール、体制を立案できる
対象者
  • 大規模プロジェクトのマネージャ、マネジメントに携わる方、候補者
  • 大規模プロジェクトの計画立案のポイントを学びたい方
前提条件
  • プロジェクトのマネジメントに携わった経験があること
修了条件
  • 原則として遅刻/退席は認められていません。遅刻/退席の場合は、規定の修了証を発行できない場合がありますので、ご注意ください。
  • やむを得ない事情で遅刻/退席する場合は、遅刻/退席すること、および退席から復帰する旨を、講師または研修事務局にご連絡ください。
備考

※ 事前課題があります。

受講者の声
  • 4つの演習で実際に手を動かし話し合う事で新しい発見があり、自分の経験の見直しもできました。
  • グループ演習を通じて、自グループでは考えられなかった意見を他グループの発表で聴取でき、補完できた。
  • 普段の業務の中ではしっかり考える時間や機会が多くないので、今回の研修の中で改めて様々な観点を認識することができた。
  • 大規模になればなるほど、リスク対応計画を作成することが重要であることが理解できた。