DX(デジタルトランスフォーメーション)推進コンサルティング 株式会社アイ・ティ・イノベーション

menuclear

アジャイル開発概要
~アジャイル開発プロセスの基礎、導入・運営時の留意点~

1日間 7PDU (Technical) 初級レベル

概要

ソフトウェア開発のリスクの一つに「顧客要求の変更」があります。しかし、ソフトウェア開発プロセスの主流であるウォータフォールモデルでは顧客要求の変更に応え難いという欠点があります。
本研修は、頻繁にかわる顧客要求に応えられるという利点がある「アジャイル開発プロセス」の概要を解説します。アジャイル開発プロセスはどのようなものなのか、どこが優れているのかを学び、ワークショップを通じて開発プロジェクトで実施する方法を体験します。また、開発プロジェクトに適した開発プロセスなのかの導入判断を身に付けます。

期間1日間
開始終了時刻 / 研修時間09:30-17:30 / 7時間程度
PDU7PDU (Technical)
CDUCDUの対象ではございません
インハウス実施費用(1開催あたり)792,000円(税込)
オープンコース受講料(1名あたり)
教材費(1名あたり)5,500円(税込)
※ライブ研修はPDF教材のため教材費はかかりません
システム利用料(1名あたり)1,100円(税込)
※集合研修はシステム利用料はかかりません
主な学習項目
  • ソフトウェア開発の問題点
  • アジャイル開発プロセスの典型的なチーム運営と開発サイクル
  • 「アジャイル開発プロセス」の進め方、事例、成功・失敗例
到達目標
  • ソフトウェア開発プロジェクトに効果的なアジャイル開発の適用場面が判断できる
  • 自プロジェクトの開発チームに効果的なアジャイル開発を導入し進めることができる
対象者
  • アジャイル開発の経験が浅い(又はない)プロジェクトマネージャ/リーダー、メンバー
  • アジャイル開発の概要を学びたい方
前提条件
  • ソフトウェア開発プロジェクトへの参画経験があること
修了条件
  • 原則として遅刻/退席は認められていません。遅刻/退席の場合は、規定の修了証を発行できない場合がありますので、ご注意ください。
  • やむを得ない事情で遅刻/退席する場合は、遅刻/退席すること、および退席から復帰する旨を、講師または研修事務局にご連絡ください。
受講者の声
  • アジャイル開発についての知識が深まり、メリットが理解できた。
  • 新規プロジェクトの開発方法を検討する上での1つの選択肢ができました。
  • ポイントが押さえられており、分かりやすかった。
  • 演習を通して疑似体験することで、気づきがあり理解が深まった。
  • アジャイル開発のメリット、デメリットが理解できた。

当コースに関しては、以下【問い合わせ・相談】よりお問い合わせください。

日商エレクトロニクス & アイ・ティ・イノベーション提携記念セミナー