DX(デジタルトランスフォーメーション)推進コンサルティング 株式会社アイ・ティ・イノベーション

menuclear
ホーム > 国内研修 > プロジェクトマネジメント > アジャイル開発落とし穴

アジャイル開発落とし穴
~失敗事例から学ぶ~

1日間 7PDU (Technical) 中級レベル

概要

ソフトウェア開発プロセスの一つとして「アジャイル開発プロセス」が注目され、実際の開発プロジェクトへ導入された実績例が多く出ています。しかしながら、これらの実績例の中で、当初見込んでいた効果が上がっていないという開発プロジェクトも実際は多く存在しています。
本研修では、失敗事例を基に、アジャイル開発の原則に沿ってその原因と対策を立案する考え方を学び、アジャイル開発プロジェクト成功へ導くヒントを持ち帰っていただきます。アジャイル開発の特徴を理解し、アジャイル開発チームを運営するヒントや注意点を学びます。

期間1日間
開始終了時刻 / 研修時間09:30-17:30 / 7時間程度
PDU7PDU (Technical)
CDUCDUの対象ではございません
インハウス実施費用(1開催あたり)792,000円(税込)
オープンコース受講料(1名あたり)66,000円(税込)
教材費(1名あたり)5,500円(税込)
※ライブ研修はPDF教材のため教材費はかかりません
システム利用料(1名あたり)1,100円(税込)
※集合研修はシステム利用料はかかりません
主な学習項目
  • アジャイル開発の概要とその原則
  • アジャイル開発の原則を用いた失敗事例の分析
  • 失敗状態からの状況改善の方法
  • 失敗しないための予防方法の立案・原則の使い方
到達目標
  • アジャイル開発の失敗事例から、原因と対応策を考え実践に活かすことができる
  • アジャイル開発の原則を用いて、事例の分析ができる
対象者
  • アジャイル開発の実践的なポイントを学びたい方
前提条件
  • アジャイル開発経験があることが望ましい
修了条件
  • 原則として遅刻/退席は認められていません。遅刻/退席の場合は、規定の修了証を発行できない場合がありますので、ご注意ください。
  • やむを得ない事情で遅刻/退席する場合は、遅刻/退席すること、および退席から復帰する旨を、講師または研修事務局にご連絡ください。
受講者の声
  • ウォータフォールとの違いなどを考えることができ、アジャイル開発の考え方、やり方を知ることができた。
  • 期待どおりでした。講師の経験、知識が豊富で、とてもわかりやすかったです。
  • すぐにアジャイル開発は導入できないと思うが、今のやり方にうまく当てはめていきたい。最適なプロジェクトの進め方を模索したい。
  • 参考書では見えない生の事例がわかる。
  • 発生しそうなケースが並んでおり、色々ディスカッションできたのがよかったです。
採用情報