要件定義実践
~セオリーと事例を織り交ぜながら~

2日間 14PDU (Technical:6、Strategic:8) 中級レベル

概要

システム開発プロジェクトを成功させるためには、要件定義の品質を高めることが重要です。IT構想・企画との不整合、要件の漏れ、曖昧さは、後工程に甚大な影響を与えます。
本研修は、要件定義では何を検討し、何を決めなければならないのか?その根幹を学ぶ研修です。
開発工程における要件定義の位置付け、工程全体との成果物やタスクのつながり、実践する上でのノウハウやテクニックなどを体系的に学習します。
また、リアルな演習題材を使って、要件定義の検討過程や成果物の作成を実践することで、勘所をつかみます。

期間2日間
開始終了時刻09:30-17:30
PDU14PDU (Technical:6、Strategic:8)
CDUCDUの対象ではございません
オープンコース受講料120,000円(税別)
テキスト代5,000円(税別)
主な学習項目
  • 要件定義とは
  • 現状把握と要求
  • プロセス分析と要件
  • データ分析と要求
  • 非機能要件とアーキテクチャ
到達目標
  • IT構想・企画、要件定義、設計のつながりがわかる
  • 要件定義で検討すべき事項がわかる
  • 機能要件を定義できる
対象者
  • これから要件定義に携わる方
  • 要件定義の実務能力を高めたい
前提条件
  • アプリケーションの設計やプログラム作成に従事したことがある、もしくは同等の知識を有していること
修了条件
  • 原則として遅刻/退席は認められていません。遅刻/退席の場合は、規定の修了証を発行できない場合がありますので、ご注意ください。
  • やむを得ない事情で遅刻/退席する場合は、遅刻/退席すること、および退席から復帰する旨を、講師または研修事務局にご連絡ください。
このページのトップへ