・。*★ New ★*。・
システム要件定義
~機能・非機能要件をアーキテクチャ設計へ~

1日間 中級レベル

概要

顧客がシステムに求める要件は機能要件と非機能要件に整理され、その両方が整合性をもって実現されなければ「よいシステム」にはなりません。しかし、「機能要件はアプリケーション、非機能要件はインフラの範疇で実現する」と単純に捉え、整合性を確認しないままアプリケーションとインフラをバラバラで検討し、品質的な問題を招いているケースが多くみられます。
本研修は、顧客要件を分析・整理して機能・非機能要件に整理する観点、機能要件と非機能要件の整合性を確保する方法、定義した要件をアーキテクチャ設計へ反映する際のポイントを、演習を介して学びます。

期間1日間
開始終了時刻09:00-18:00
PDUPDUの対象ではございません
CDUCDUの対象ではございません
オープンコース受講料60,000円(税別)
テキスト代5,000円(税別)
主な学習項目
  • 要件定義を実施する上での関連概念の整理
  • 顧客要件のブレイクダウンと機能・非機能要件の洗い出し
  • 要件の詳細化とシステム要件としての整合性調整
  • システム要件定義内容の設計反映要点の整理
  • アーキテクチャ設計
  • 事例紹介
到達目標
  • 要件定義で明確にすべき要件、そのつながりや検討の流れ・手順を説明できる
  • 機能要件、非機能要件の整合性を調整できる
  • 要件を満たすアーキテクチャを設計できる
対象者
  • アプリケーション開発担当者
  • インフラ構築担当者
  • 要件定義の実務能力を高めたい方
前提条件
  • 要件定義やシステム設計・構築を行った経験があること
修了条件
  • 原則として遅刻/退席は認められていません。遅刻/退席の場合は、規定の修了証を発行できない場合がありますので、ご注意ください。
  • やむを得ない事情で遅刻/退席する場合は、遅刻/退席すること、および退席から復帰する旨を、講師または研修事務局にご連絡ください。
このページのトップへ