ホーム > 研修 > ITアーキテクチャコース > ずっと受けたかったソフトウェア設計の授業

ずっと受けたかったソフトウェア設計の授業
~構造化・モジュール化・仕様化の原理~

2日間 4PDU (Technical) 初級レベル

概要

ソフトウェア開発の現場では、常に隙のない正しい意思決定が求められます。また組織的にソフトウェアを開発していくには、正しい仕様化、適切な構造化、最適なモジュール化が要求されます。
本研修は、正しい設計を行うための基本をしっかりと身につけるための実践コースです。具体的には、ソフトウェアの機能や振る舞いの仕様化の方法を、複合設計法、モジュールの独立度の基準、ジャクソン法など概観して解説します。また演習を通じて具体的な技法を体験して、主要概念を身につけることができます。

期間2日間
開始終了時刻09:30-17:30
PDU4PDU (Technical)
CDUCDUの対象ではございません
オープンコース受講料120,000円(税別)
テキスト代5,000円(税別)
主な学習項目
  • 構造化プログラミングの原理を理解する
  • モジュール設計の基本を学ぶ
  • システム設計の基本を学ぶ
到達目標
  • 良い設計と悪い設計の判断がつくようになる
  • 組織的にソフトウェア開発を行うための設計上の意思決定ができる
  • ソフトウェアの設計品質の向上
対象者
  • アーキテクチャやモジュール設計を正しく行いたい方
  • ソフトウェア設計の基本を学びたい方
前提条件
  • ソフトウェア開発経験が3年程度あることが望ましい
修了条件
  • 原則として遅刻/退席は認められていません。遅刻/退席の場合は、規定の修了証を発行できない場合がありますので、ご注意ください。
  • やむを得ない事情で遅刻/退席する場合は、遅刻/退席すること、および退席から復帰する旨を、講師または研修事務局にご連絡ください。
受講者の声
  • システム開発の基礎を得ることができました。
  • 体系的に理解していなかった知識が整理できました。
  • JSP、JSDの考え方や概要が理解できました。
  • ステイトチャートの書き方が分かりました。
このページのトップへ